色彩技能・パーソナルカラー検定

横浜から帰ると、10月に受けた色彩技能・パーソナルカラー検定
モジュール2の合格証が届いていました。

筆記試験の合格者は、技能に関する自己申告書を提出し、
それが認められれば、パーソナルカラーアドバイザーとして
協会から認定がいただけるそうです。

出来たばかりの資格で、別の協会も資格制度を始めているので、
今後この資格がどう活きるのかはわかりませんが、やはりこの年になっても
「合格」というものは嬉しいものです。

日本パーソナルカラー協会の考え方、わたしにとって、共感、共鳴する部分が
多いので、是非頑張っていただきたいし、協力できることがあればさせて
いただきたいと思っております。業界全体のレベルアップですね!

まずは、本当の意味でのパーソナルカラーリストを目指さなければなりません。

技術職ではありますが、やはりこの仕事はサービス業だと思います。

パーソナルカラーはそれを知らなくても、日常生活には支障をきたすことは
ない、付加価値、贅沢とも言えるソフトビジネスです。
でも色んな人を豊かにできる仕事です。
毎日が楽しくなったり、イキイキしたり、ステキな恋人ができたり…。

これからも技術職としての客観性と同じくらい、人を楽しませることにこだわって
この仕事を極めていきたいと思います。
[PR]

by mio_honma | 2005-12-05 21:11 | color : work

<< BACK to BASIC       街の色・横浜 >>