ガンメタリック

昨年から少しずつ手を入れてリニューアルしている物件。

西宮のクルマのアフターパーツメーカー本社ビル。

クライアントの社長が、少しずつ楽しみながら作っていきたいとのことで、

・インテリアのリニューアル
 ↓
・外部の植彩工事
 ↓
・家具工事

と、ゆっくりと時間をかけて考え、変化を楽しみながら手がけてきた。

今年に入っていよいよ外観のリニューアルが始まる。

インテリアはもともとブルーを基調にしたものだったのを、
モノトーンとゼブラウッドでまとめ、USMハラーシステムの収納を設置、
モダンでクールなオフィスインテリアに。

外構の植彩もシャープなタイプのコニファーで、男っぽくクールなイメージに。

最後に残った外壁の色は、既製品のものや塗装など、様々な材料、
素材を比較検討し、最終的にクライアントの意向で
車の塗装のような深みのあるガンメタリックに決定。

「かなり、厳つくなるかな?」
さすがにクライアントも少し不安なよう。

わたしもスターフライヤー航空の機体を思い出して、即座に返事が出来なかった。
e0087158_2235545.jpg

賛否両論あるだろうが、わたしにはこの色使いは受け入れられない。
やはり大きな面に黒やダークなグレーを使うのはかなりの勇気がいる。

塗装業者との度々のやりとりでクライアントもわたし的にも
納得の出来る色が完成した。
(正確には再度、実際用いるサイズのパネルに塗装してみて
確認するという作業が残っているのだが)

のっぺりとした「黒」ではない、深みと質感のある「ガンメタリック」。

アクセントにステンレスのヘアラインのラインを施すのだが、
いい意味での「異様さ」のある、重々しくクールなものに仕上がるのが楽しみ。

2月の頭には完成予定なので、またこちらでご紹介したいと思います。

写真は看板などをはずして、少しかわいそうな工事待ちの姿です。
e0087158_22462119.jpg

[PR]

by mio_honma | 2006-01-18 22:50 | color : work

<< 椎名誠さんの「麺の甲子園」       ビールの泡 >>