デザイナーズ旅館

1泊数万円もする高級旅館がブームだ。

客室には専用の露天風呂がつき、著名な建築家による、こだわりのある
建築、インテリアデザインに仕上げられたいわゆる「デザイナーズ旅館」。
(あまり好きな言葉ではないが…。)
恋人との旅行も、ホテルに泊まるよりもちょっと特別っぽくていい。

近頃は温泉旅行も二極化し、このようなリッチな旅館に泊まるか、
おトクなツアーかどちらかといった感じに。

自分で旅するときは目的に合わせて宿を選ぶが、とびきりいい旅館、
いいお料理でも、自分では1泊3万円まで、といったところ。

最近初めて訪れて気に入った旅館、京都は夕日ケ浦温泉の海花亭、花御前

デザイナーズ旅館ではないが、離れの客室には美しいお庭と温泉の露天風呂が。

とうとうと湧き続けるお湯の音も心地よく、なにより好きなときに
いつでも「ちゃぽん」とお湯に浸れるのが、なんとも贅沢。

カニ料理も素晴らしく、ここでは茹でカニではなく、蒸しカニ。
蒸籠に生のカニが盛られ、好きなタイミングでほくほくのカニをいただく。

お料理、お部屋、温泉(施設内の温泉も24時間入れる!)ともとても良く、
これで2万5000円程度なので、価格的にも十分納得。また是非訪れてみたいと思う。

やはり温泉旅行の満足度は、この3つのバランスが決め手。
どれかひとつが欠けてもいけないと思う。

来週視察に行く温泉施設。
温泉、お料理、サービスとも素晴らしく、ファミリー層に人気の宿泊施設。
リーズナブルで、今も大変繁盛されているのだが、
新たにコンセプトルームを造るとのこと。

今まで以上に魅力的な宿になるよう、スタイリッシュなお部屋のデザインをと、
クライアントからのご要望。

プロの目線とユーザーの目線、両方の視点からじっくり拝見して、
今までにない、新しいタイプのお部屋を提案したいと思う。
よそにはないカラーリングを考えてみたい。

写真は、今イチバン泊まりたい宿。渋温泉、金具屋

デザイナーズではありませんが、こういう歴史ある宿が個人的には大好きです。
e0087158_22263039.jpg
e0087158_22263933.jpg

[PR]

by mio_honma | 2006-02-23 22:34 | color : work

<< オレンジ       色彩技能・パーソナルカラー検定... >>