モーターサイクルショー

モーターサイクルショーの仕事。

クライアントのRSタイチさんは、バイクのウエアのメーカー。

毎年2回新製品の発表会を開催されるのだが、
今回はそれを兼ねてモーターサイクルショーに出展。

20小間(1小間=3m×3m=9平方m)のビッグブース。
外部の壁面を使ってウエア、ヘルメットなどをディスプレイ。
内部は招待客のみ入れるよう、通常の新作の発表、展示に。
e0087158_19383520.jpg
e0087158_1938478.jpg

企業のイメージカラーは「黒×黄」。
e0087158_1938914.jpg

もっとも視認性が高いと言われる色の組み合わせ。

周辺のブースの色がホワイトのものが多く、非常に目立っていました。

ただ、ブース内部は商品の展示が主なので、白をベースにしています。
(新製品の展示なので画像は載せられませんが)
展示会の照明も最近はハロゲンなどの黄色っぽい光のものから
HIDなどの青白い色の照明が主流になってきています。
やはり色の正確な再現性が求められてきているのでしょう。

3日間のために設営される展示会ブース。
店舗とはまた異なる施工、仕上げの方法がとられ、展示会終了後には
直ちに撤去、廃棄される。

何故かこの独特の雰囲気、興奮します。

大切なものはお金を掛けても残していかなければいけませんが、
こういう「作って壊す」仕事も大好きです。
e0087158_19505382.jpg

今回は、うちで手配した受付のコンパニオンが、
たまたまわたしの後輩だったという嬉しい偶然もありました。
世間は狭いですね。
[PR]

by mio_honma | 2006-04-02 19:48 | color : work

<< ノートとペン       ラブリゾート >>