グラフィックデザインとカラー

今発売している雑誌「pen」。(明日早くも新刊が発売されますが…)

雑誌のデザインを回帰した特別保存版となっています。
e0087158_17542585.jpg

とても美しく、面白いグラフィックデザインが満載です。必見。
今思うと、昔の雑誌の表紙はかなり尖っていて、見るたび新鮮でした。

画像のコンピューター処理もままならない、その頃、
写真から伝わってくる迫力、メッセージ性、
やはり今とは違う匂いがします。

どちらがいい、悪いはないですが、
作り手の気持ち、いや生き様まで感じられる写真、凄いです。

そしてpenの雑誌作りへのこだわり、これもいいです。

最近のライフスタイル誌やインテリア誌、
雑誌のネタがどれも同じ様なものが多く、
とても商業的な匂いがします。(もちろん「商業」なのですが…)

penは少し前のイイものを、こうして時々特集するところが気に入っています。



ちょうどこの春から、専門学校で出版や編集を学ぶ人たちに
カラーを教えることになりました。

デジタルは他の授業でたくさん学ぶだろうから、
わたしはアナログな部分や、画面でなくアタマで仕上がりがイメージできる
想像力を養うことをお教えしたいな。

雑誌の表紙と言えば発売中の「VOGUE」。
真っ白の表紙が印象的でした。
e0087158_183373.jpg

この春夏に流行る「白」の特集。

着こなしやすいようで、意外に難しい白。
清潔感がある色でもありますが、「白ける」なんて言い方もあるように
悪い意味の軽さや軽薄さも持つ色。

自分らしく、ステキに着こなしたい色ですね。
[PR]

by mio_honma | 2006-04-14 18:10 | color : work

<< 長崎・リゾートレジャーホテル01       ノートとペン >>