色の見え方

今日、同業の方のコメントで
「暗清色、特に黄色やオレンジ、黄緑の暗清色が濁って見える。」
というものがありました。確かに人によっては濁りを感じます。

色が濁っている、濁っていないというのは、
私たちカラーリストが色を識別するときに必ずチェックすること。

暗くて清らかな(濁っていない)色、
簡単に言うと、純色(原色)に黒が混ざっている色。

逆に明清色とは、純色に白が混ざっている色。

では「濁色・だくしょく(濁っている色)」とは?
純色に「グレー」が混ざっている色。

確かに黄色を多く含む色に、黒を混ぜると色に濁りを感じる。
理論上では濁りはないはずなのだが…。

イラストレーターで色を作ってみる。
あくまでパソコン上、CMYK値なので見え方にバラツキと
厳密な理論とは少し離れることは承知で。
e0087158_2113339.jpg


黄色の純色と赤の純色に黒を足す。
人によっては真ん中の色は濁って見えるだろう。

一番右は純色に、反対色を足した色。
インテリアやエクステリアのペイントの際、
色があまりにハデだったり、鮮やかすぎる場合、
反対色を混ぜるというテクニックがある。

色をくすませ、落ち着かせる効果があるためだ。
つまり一番右は「濁色」。

ちなみに反対色は文字通り、反対の色、補色。
色相環上、向かい合う色。
e0087158_216368.jpg

確かに濁っている、濁っていないは人それぞれの感覚に大差があると思う。

その感覚がもともとある方と、あまりない方があるため、人にお教えする際、
特に濁色というのは伝えるのが難しい。

それと、以前から感じていたこと。
黄色に黒を足すと、「みどりみ」を感じる。
はじめに示した黄色と赤の画像、真ん中と一番右の黄色、
確かに見た目、みどりみが感じられる。

わたしは理論上難しく考えないように、
黒には「青み」が感じられる、イエローベース、ブルーベースに分けると
黒はブルーベースだし、ヒゲって青く感じられるし、とアタマに入れている。

でもこの不思議な現象、何故なのかご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。

ところで、ひとつ前の「I'm home」のカラー特集とても良かったです。
時々カラーの特集が組まれるのですが、今回最も興味深かったのが、
アグネス・エメリーのページ。

ペインターからデザイナー、コーディネーター、デコレーター、
様々な肩書きを持つ彼女の色使い、色と暮らすという彼女の哲学。
わくわく、ぞくぞく、くらくらします。
[PR]

by mio_honma | 2006-05-23 21:23 | color : work

<< ネクタイの流行       専門学校の課題 >>