Salon de Charites〜カラーリストとそのタマゴの会

パーソナルカラー診断、「似合う」「似合いにくい」
の基準は曖昧なように思われている。
確かに、カラーリストによる診断に個人差はある。

私たちカラーリストの感覚に頼って診断していると思われているようだが、
少なくともわたしはそうではない。

理論に基づいた客観性の上に「似合う」「似合いにくい」、はあると思っている。

わたしもパーソナルカラーを仕事として始めた当初は
「似合う」「似合いにくい」、を感覚に頼っていたところがある。

肌色、目の色、髪の色、顔立ち、雰囲気を統計的なものと照らし合わせ、
ドレーピングも感覚でチェックし、答えを導いていたような気がする。

でもやはり「似合う」「似合いにくい」には、
「彩度」「明度」「清濁」が関係している。

わたしはどんな仕事でも「色」を考えるときに
PCCSの色相環とトーン表を頭に描く。
PCCSが絶対的とも一番優れた表色系とも思っていないが、
自分にもお客様にもわかりやすいので、頭の中にはPCCSが常に入っている。

この色は、色相で言うとこの辺りで、それにこのくらい白を混ぜているから
○○トーンくらいかな?

色の分析をするときは、マンセルよりもずっとシンプルで明解。

パーソナルカラーのお客様に対しても、
この方はトーンで言うとこの辺で、明度がこのくらいの色が似合われる、
というように考えると自分自身の頭の整理ができるのはもちろん、
お客様にも説明しやすく、わかりやすい。

自分なりに考えた理論プラス、今まで役に立ったのは
やはり、プロ向けの色々なパーソナルカラーの講座。

ドレーピングのテクニックや、接客のテクニック。
一流のプロから学ぶところは大きい。
特にイギリス人のイメージコンサルタントのレッスンは、とても面白かった。
ベテランのカラーリストのドレープのセッティングも興味深いものだった。

以前から私自身も、講座を受ける側、レクチャーする側、お互いが刺激になるような
プロ向けの勉強会をやりたいと考えおり、7月から実施することにしました。
「Salon de Charites」〜サロン ド カリテス。7月から月1回開催いたします。

カラーリストのプロ、またはそのタマゴ、カラーリストという職業に
興味のある方、是非ご参加下さい。

Salon de Charites 01〜サロン・ド・カリテス
    ●カラーリストとそのタマゴの会 ●

カラーコンサルタントオフィス「カラーコンシャス カリテス」
でカラーリストとカラーリストのタマゴのための勉強会を開催します。

勉強会と言ってもサロン形式で、ワイワイ楽しい会を考えています。

スクールで勉強したものの、どのように活動してのいいかわからない、
パーソナルカラーの実践、接客がわからないなどなど、
フリーであるがゆえのお悩みも人それぞれ。
同じ悩みを持つもの同志が交流を深め、お互いが刺激になるような勉強会、
交流会を目指しています。
毎月1回テーマを変えて開催する予定です。
皆さん、是非お誘い合わせの上、参加して下さい!

記念すべき(?)第1回のテーマはパーソナルカラーの「ドレーピング」。

カリテス主宰「本間美於」が、なかなか見ることが出来ないプロのドレーピング、
「似合う」「似合いにくい」のチェックポイントなどをお話しします。

また、カラーリスト同志、お互いのドレープを見せ合うだけでも
学ぶところは多いはず!

お荷物になりますが、是非ドレープご持参で参加して下さい。

●参加ご希望の方は弊社ホームページのcontactよりメールいただくか、
 06-6225-1528までお電話でお申し込み下さい。
 (お申し込みは、当日まで受け付けております。)

【開催日】  平成18年7月28日(金)
【時 間】  19:00〜
【場 所】  カラーコンシャスカリテス
    (大阪府大阪市西区京町堀1-11-7 京旺ビル2F)
     ※地図はこちらにも記載しております。

【参加費】  お一人様 2,000円
【持 参】  名刺・ドレープ(宜しければ名刺もお持ちより下さい!)


当日、みなさまにお会いできるのを楽しみにしております。

カラーコンシャスカリテス
[PR]

by mio_honma | 2006-06-13 12:11 | color : work

<< 色のバリアフリー       男性カラーリスト >>