パーソナルカラー:ベーシックカラー

ベーシックカラー。
スーツやコート、ベーシックなボトムなどのカラー。

パーソナルカラーで言うところの
ブルーベースの方は「グレー〜黒」
イエローベースの方は「ベージュ〜ブラウン」が良いとされている。

基本はもちろんそうなのだが、
時々イエローベース「スプリング」の方で透明感があって、
彩度の高い色が似合う方で黒もよく似合う方がいらっしゃるし、
イエローベース「オータム」の方で、黒が似合う方もある。

(そういうケースのお話はまた機会があれば書きたいと思います。)

パーソナルカラー診断を受ける方で、似合う、似合いにくいというよりも
とにかくスリムに見せたいので「黒」をよく着る、というお客様がとても多い。

「黒」は避けては通れない色。
着なければならないシチュエーションは必ずあるが、
無難だとか、締まって見えるからと思っていても、逆効果になっているケースも多い。

パーソナルカラー診断のときによく試す方法。
e0087158_21424117.jpg

両肩にベーシックカラーを置く。
よく似合う色と黒の比較。
実際は目を開けて診断するのだが、黒の存在感、重量感が
わかってもらえるでしょうか?

黒は色の中で一番重い色。
よく太めの男性が締まって見られたいからと
黒のスーツでタイトなものをお召しになったりしてますが、
見ている側は、締まるというよりも暑苦しかったり、圧迫感を感じたりします。

また女性で色白の方など黒の半袖や黒のスカートからのぞく手、足が
黒との対比でより白く、よりムチムチして見える事もあります。

また小柄な方などは、肩に重いものをしょっているイメージで
貧相に見えてしまうケースもあります。

キレイなピンクを、黒の強さで打ち消してしまっているのがわかりますか?

e0087158_2146271.jpg

e0087158_2151394.jpg


もちろん黒をカッコ良く着こなせる方もいらっしゃいますし、
時には、着なければならない色なので、その人に合う着こなしを
それぞれ知っていただけたらと思います。

また、黒は老化を促進する色。
黒で統一したファッション、黒い下着もステキですが、
毎日着続けると老化が早まったり、体のラインが崩れやすいので気をつけて下さい。

では、体にいい影響を与える色とは?
やはり「白」や「ピンク」。
ご自分に似合う、ピンクや白を着こなすと見た目にも心にもいいので、
是非実践してみて下さい。

というわたしはピンクが苦手。持ち物、小物、ハンカチなどで取り入れています。


人気blogランキングへ
[PR]

by mio_honma | 2006-08-02 22:00 | color : style

<< 再び告知です!'06秋...       補色 〜 Complement... >>