色彩技能・パーソナルカラー検定

2006年10月8日に実施される「色彩技能・パーソナルカラー検定」

モジュール1(第7回)札幌・東京・静岡・名古屋・大阪・広島・福岡
モジュール2(第3回) 札幌・東京・静岡・名古屋・大阪・広島・福岡

今回から新たに、仙台での試験も決定したようです。

申し込みの締め切りは8月31日(必着)です。

皆さん、お忘れにならないように!

カリテスでは試験に向けた1日対策講座を実施します。

9月18日(月・祝)にはモジュール1、9月24日(日)にはモジュール2。

ともに朝10:30から16:00まで(休憩1時間)、試験対策はもちろん、
パーソナルカラーに関する基本や応用の大切なポイントを身につけていただける
こゆ〜〜〜い内容になっております。

詳しくはカラーコンシャスカリテスのHPでご覧下さい。
※只今修正中ですが、HP上モジュール1の講座が9/17(日)開催となってる箇所
がありますが、正しくは9月18日(月・祝)です。紛らわしくて申し訳ありません。
お間違えなきようお願いいたします。

また日本パーソナルカラー協会のHPはこちらです。
検定内容について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ。

先日弊社でも検定の内容についての説明会を実施しました。
ブライダルの専門学校で学ばれている方、
メイクのスクールに行かれている方が参加して下さいました。
おふたりとも仕事に役立てたいとのことで、色々なお話をさせていただきましたが、
まだまだパーソナルカラーについての誤解や間違った教え方が多いようです。
「黒を着ると色白に見える」と教えられる先生が多いようですが、
ほとんどの場合、顔色は暗くなります。ドレープを当てれば一目瞭然です。
黒に引っ張られて、顔色も暗く影が出るのがわかります。

色には対比現象と同化現象があります。
顔の中のメイクカラーなどは「対比」が起こることが多いですが、
基本的にはパーソナルカラーは色の「同化」現象が起こりやすいものです。

対比現象とは大きな面積の中にアクセント的に色を置いたときに起こる現象です。
(例えば顔の中の口紅の色やアイシャドウの色)
お顔の色と洋服の色、ほとんどが同化現象です。
何故なら顔と服は基本的に一体化していると考えるからです。
裸で歩く人はまずいませんものね。

もちろん、色白の人が黒い半袖の服を着て、そこから出ている白い肌が
より白く、より肉感的にムチムチに強調されることはあります。
これは腕をパーツとして見るために起こる現象です。

一般的に顔と服、同時にトータルで見ています。

例えば、ステージ上の全身黒い服を着た色白のモデルさん。
遠目から見た際、顔だけが対比現象で白く浮かび上がったように見えるケースは
あるでしょう
でも、人間は基本的に顔と一緒にそのすぐ下の服の色を同時に見ています。

複雑な色の同化や対比によって、似合う、似合いにくいは決まります。

パーソナルカラーはこうなればこう、というようなものではないのですが、
言い切ったフレーズを聞くと、生徒さんはそれを知識として記憶してしまうので危険です。

このような、パーソナルカラーの常識・非常識。
少しずつ是正されることを祈ります。

人気blogランキングへ
[PR]

by mio_honma | 2006-08-22 22:02 | color : work

<< デトックス・マクロビオティック       タンニング >>