カラーセラピー01

午前中、あるカラースクールの「セラピー講座」の無料体験に。

「セラピー」「カラーセラピー」、今まで気になりながら、
人の心に触れる仕事なので、とても自分にはできないと思い、
なんとなく避けてきたところがある。

好きな色を選んだり、好きな色で絵を描いたり、
自分が体験したときにとても気持ちよく、楽しかったが、
これを自分がお金をもらって仕事とすることは難しいと感じた。

もともとカラーの仕事を目指したのは、
昔から、自分の色の感覚、色へのこだわりに自分でも驚くようなことが度々あり、
自分は「色」に関して特別なものを持っているのでは?と、少しうぬぼれたのが始まり。

カラーに関する本を読んだり、パーソナルカラーを受けてみたり、
色々したが、もやもやが晴れなかった頃、ネットで、あるカラーリストの先生が気になった。

その先生のオフィスでオーラカラーの撮影があり、すぐに申し込んだ。
(実際、撮影、解説するのは違う先生だったが)

なんとなく怪しげではあるが、黒い布の前でポラロイド撮影すると
自分の周りに色つきの光が写る。これがオーラらしい。

何人か撮影にきている人がいたが、みんな色やオーラの出方が違う。

へー、不思議、面白い!

わたしの写真を見てその先生が一言「人を癒す仕事をしていますか?」

「いえ、全然」

「マッサージやメイク、もしくはセラピスト的な仕事をしていませんか?」

当時の私は、対会社の仕事ばかりしており、人と人の間に立つ仕事で、
正直、精神的にくたくたで人を癒す事なんて考えた事がなかった。

「あなたは人を癒す力を持っています。あなたの周りの人はあなたに癒されていますよ。」

「え〜、まさか、それはないと思います。」
と、言いつつ、すぐ木に登るタイプなので正直嬉しかった。

「もし、ご興味があるなら、このオフィスの先生に直接相談されてはどうですか?」

「いや、実はそうなんです…今日お邪魔したのも…」

という訳で、わたしはHPを見てビビッときた、花岡先生と直接お話しする事ができ、
無理をお願いして、個人的にカラーを教えてもらえることとなった。



話はそれるし、長くなるのだが、書いておきたいと思ったので
今日はここまで書いて、また明日。

読んで下さってありがとうございます。
[PR]

by mio_honma | 2006-09-20 19:20 | color : work

<< Salon de Charit...       世間は3連休でしたが… >>