現場

日帰りで尾張へ。

インテリアのプランニングをさせていただいている
スポーツカーのお店、GTNET尾張

すでに仮店舗で営業されていますが、只今ショールームを建設中。
3/1にグランドオープンします。

e0087158_2253646.jpg


名古屋高速、春日インターを降りてスグのところです。
新しく高速道路も建設中で、明るい「未来」を感じるところでした。

前にも同じようなことを書いたと思いますが、
やはり現場に来てみないとわからないところって必ずあります。

インテリアの仕事、必ず立体でものを考え、出来上がりをイメージできていなければ
いけない仕事なのですが、現場に訪れないとわからないこと、
現場に来て初めてひらめくことはたくさんあります。

(なのでインテリア、ましてや建築の勉強している人は、今思えば大変だな。
WEBやDTPなどの技術はある程度「本番」的なシミュレーションが出来るが、
インテリア、建築は図面書いて、模型を作るのが精々で
自分が考えた空間に身を置くことは出来ないから!)

仕事となるとどうしても大きな部分から考え、チェックしていく。
もちろんそれが基本なのだが、インテリアが完成してお客さんが訪れたときに
「いいな」と思ったり、そこで働くスタッフの方々が「働きやすいオフィスだな」と感じるのは、
意外と細かいところのように思う。

仕事するたびにそう思うのだが、コレが意外と忘れがちな大切なポイント。

今日も現場に行ってみて自分自身、そこでお客さんになってみたり、
スタッフの気持ちで妄想してみて感じた。

そして何よりクライアントの代表の方のチェックの目を見、意見を聞いて感じた。

やはりこの人はスゴイ方だな。

最近読んだ養老孟司の「アタマとココロの正体」

脳のこと、心のこと、そして「色」のことまで面白く対話形式で書かれています。
オススメ!
[PR]

by mio_honma | 2007-02-13 22:34 | color : work

<< 無難な(?)黒       デザインホテル in 広島 >>