無難な(?)黒

パーソナルカラー診断、来られるお客様に「良く着る色は?」、
尋ねると一番多い答えが「黒」。

「何故黒なのですか?」と尋ねると「無難だから」。

わたしの辞書には「無難」という言葉はない。
無難というと、無個性でどっちでもいいと言う感じがするので
あまり好きではない。

ネットで「無難」という言葉の意味を調べてみる。

無難
1 .危険のないこと。また、まちがいのないこと。また、そのさま。無事。
「―な日を送る」「貴重品は持って行かないほうが―だ」

2 .欠点のないこと。特にすぐれているわけではないが、格別の欠点も見当たらないこと。
また、そのさま。「―な歌い方」「―にまとめた演技」

(YAHOO!辞書より)

黒を着ておけば間違いがない、当たり障りがないと思っている方が多いようだが、
黒は無難な色だろうか?

特にこの季節、道行く人を「色」として見ると、ほとんどの人が「黒」だ。
コート等の防寒着はそうそうクリーニング出来るものではないので
どうしても暗い色を選びがちなのはわかるが、本当にみんな真っ黒!

当たり障りがないとは思えない。みんな表情が悪いように見える。
もちろん似合っていて、黒を着こなして颯爽と歩いている方もいるが、ほとんどの人が
黒を着こなせていないように思う。黒を着て自分の魅力を半減させているように見える。
せめて顔の近くには似合う色を持って来て欲しいな〜。

パーソナルカラー診断で客観的に見ると、皆さんご自身で気付いて下さるのだが、
見渡せば黒だらけの世の中、「無難」だと思うのは当然なのかも知れませんね。

服だけでなく、名刺の文字やグラフィック、webデザインでも「黒」だと強すぎることは多い。
黒をチャコールグレーにするだけでぐっと印象が柔らかくなるので、是非試してみて下さい。

意図的に「黒」を使うのは色々な効果があっていいのだが、
なんとなく「黒」を使うのは止めましょう!

クルマで走ってて、信号待ちの度に黒い人たちが横切る。
う〜、憂鬱な気分になる。

嵐になると言われてた今日の大阪、空を見たら不思議な夕焼けが広がってて
涙が出そうになりました。なんだか秋空みたい。

e0087158_23223697.jpg


世の中にはいっぱいキレイな色があります。

黒ばっかりではなく、キレイな色もみんなに着て欲しいな。
[PR]

by mio_honma | 2007-02-14 23:15 | color : style

<< ジャパンショップ '07       現場 >>