色温度

福岡に行って来ました。

間もなくオープンする店舗の現場調査と打ち合わせです。

既存の店舗を改装して新店に。
もともと入っていたのはクルマの販売店、
そして今回の店舗も同じ業態。

まだクロスと床、塗装が終わっただけですが、
ずいぶん明るくすっきりしました。

e0087158_0254864.jpg


e0087158_026761.jpg


e0087158_0262063.jpg


e0087158_026326.jpg




今回チェックしたかったところ、夜間の照明の照度。

一部器具を変えましたが、基本的に既存照明を使用。

水銀灯等も入っていますが、スポットライトはハロゲンで少し温かい色み。

天井高もあるので、クルマを展示するのに適しているか
暗くなるのを待つ。


e0087158_0331343.jpg


やはり雰囲気はいいのだが少し色が黄色いというか赤いというか…。

やや古めの店だったので仕方ないがここにはやはり色温度の高い器具が必要。

ちなみにお隣のディーラーさん。
全て蛍光灯でかなり明るい。目もチカチカ…。

e0087158_0332384.jpg


ここまでは必要ないがやはり青白い高演色のスポットライトが欲しいところ。

先日も同じ店舗の尾張の店でインテリアの照明が暗いことがあった。
外部照明が明るすぎてインテリアがより暗くなってしまったよう。

照明は本当に深いです。
近隣や方角や色々なものが関係してきます。

明るければいいってもんではないし、演出も必要だし…。
ふと入ったお店の雰囲気や居心地、意外と照明が深く関係していることが多いです。
もちろん色も光なので、光源によって見え方は大きく異なりますし。

器具や電球も色々なものが開発されているので日々勉強です。

調光できるLEDのダウンライトも出来たようですし。

人気blogランキングへ
[PR]

by mio_honma | 2007-03-31 00:38 | color : work

<< サロンオープン       色のつわり >>