カラーウォーズ 〜華麗なる色の仕掛け人たち〜

先日放映されたTV番組 ガイヤの夜明け
カラーウォーズ 〜華麗なる色の仕掛け人たち〜

その回では、日本の携帯電話と自動車のカラーリング事情を取り上げられていた。

ご存知の通り、携帯電話のカラーリングは年々カラフルで個性的なデザインになり
カラーリストとしても個人的にも選ぶ楽しさがあって、うれしいことには違いないのだが、
こういうところに個性を見出すところはやはり国民性なのかなと感じた。

欧米人の携帯電話はほとんどが無機質なデザインで
色もモノトーンやシルバーがほとんど。
でもインテリアやファッションは日本よりもカラフルで色使いも個性的。
日常で色を楽しんでいるのだから、何も携帯電話までカラフルにする
必要はないと考えているのだろうか?

同じ番組内で日産のクルマのカラーリングが取り上げられていた。
確かにCMや街で走る個性的なカラーリングのクルマは人目を引くし、
乗っている人の個性も感じさせてくれる。

やはりメインは女性を意識したカラーリング。
キュートなオレンジのクルマを見かけると、運転席を見なくても
「女性オーナーなのかな?」と思う。

このように日本も以前に比べて色を楽しむ傾向が強くなってきていることは
とても嬉しいことだが、携帯よりクルマより、まず自分自身の身につける洋服の
色をもっと楽しんで欲しいな、と思う。

誰でも服を着ない日はない。
でも、世の中を見渡すと子どもから大人まで「黒」を着ている人が多い。
子どもの遠足らしき団体を見ても「黒」を「おそらく」着さされている子が多い。
今はマタニティドレスも黒が流行っているそうだ。

黒が悪い色とは決して思わない。
似合う人が着ればシックでカッコイイ色に違いない。

でも何気なく「無難」と思って黒を着て損している方も多いと思う。
世の中にはいっぱいキレイな色がある。
もちろん好き嫌いはあるが、人それぞれ見ているだけで心地よくなる色があると思う。

インテリアもそう。
商業施設のインテリアデザインの仕事をしているが、ほとんどのクライアントが
提案したものに対して「ちょっと派手すぎませんか?」と言われる。
(レジャーホテルのインテリアに関してだけはもっと派手にして下さいと言われますが 笑)
部屋にちょっと色があるだけで気分はずいぶん変わると思うのだが。

携帯電話、クルマの色にこだわるものいいが、
毎日身につける服でもっと色を楽しんでもらえるよう、
これからもカラーリストとして色々なところへアプローチして行きたい。

人気blogランキングへ
[PR]

by mio_honma | 2007-06-02 14:22 | color : work

<< プロダクトのカラーリング       メンズパーソナルカラー >>