カラーを「活かす」・「使う」

個人レッスンの生徒さん。

大手化粧品メーカーに20年勤務し、
カラーを仕事に活かしたい、カラーリストになりたい、カラー講師になりたい、
と、目標が明確な方。

休日の日曜日を利用して集中レッスン。
無事レッスンも終わり、パーソナルカラー診断も仕事に活かしておられる。

会社の研修会でパーソナルカラー講座のセミナー講師をすることになったそうで
講座の内容や流れについて相談に乗らせていただいた。

ゆくゆくは人前で話す仕事をしたいとのことだったので、
わたしも通っていた話し方講座ベストスピーカーさんをご紹介し、
1日集中レッスンも受けられたそう。

セミナーが無事終了したか気になっていたが、本日事務所に来られ、
セミナーは大成功だったとの報告をいただいた。

80人程の美容部員を前に持ち時間はたった30分だったが、
今までの勉強会で一番良かったとの声が多かったそうだ。良かった!

(しかし、驚いたのはセミナーの冒頭に「パーソナルカラーをご存知ですか?」と
質問したところ、挙手されたのが数名だったとのこと。
メイクの現場に身を置き、「カラー」に敏感なはずの方でも意外に知られていないのですね。)

勤務先でのセミナー、これから連続になるようなので、現場で使えるパーソナルカラーを
正しく伝えていかれることでしょう。頑張って下さい!

また、勤務先だけでなく、ご自身が通っている美容院でも
パーソナルカラーとメイクの仕事をスタートさせるそう。

カラーを活用した仕事、考えればまだまだたくさんあると思います。

折角大金払って習得したスキル。
仕事をスタートするにも何かとお金が掛りますが、
とにかく「活かす」「使う」ことが大切です。

たとえノーギャラの仕事でも自分の「身」になることはたくさんあります。

あきらめずに、世のため、人のため、自分のために頑張りましょう!
人気blogランキングへ
[PR]

by mio_honma | 2007-06-08 16:11 | color : work

<< ファッションショー 〜 sen...       ニュートン7月号〜光とは何か? >>