最近の色イロ02

火曜日から1泊で東京に行っていました。

今年最後の出張です。

今年も飛行機には30回以上乗りました。
それでもJALのFLY ONはクリスタルですもんね〜。
なかなかサファイヤには行けないな〜。

取引先の社長は年100回以上乗る方が多いですが、
結構ハードでしょうね…。

ところで今年最後の東京、今進行中の物件の
家具やら仕上げ材の最終チェックと取引先へのご挨拶へ。

東京では今回よく歩きました。
でもやっぱり行って良かったです。

家具や仕上げ材など、基本はカタログや本でチェックしますが、
最終的にはやはり自分の目で必ず確認します。

色や質感は目の前にしないと伝わってこないですもんね。

大阪も一応都会ですし、色んなショールームやメーカーも
揃ってはいますが、東京でしか見れないもの、最近は多いです。

壁や天井に使うクロスも、常時A4サイズのものを
色別、イメージ別にストックしていますが、
今流行の大柄のものはA4カットのサンプルでは「ピン!」とこないのです。

今回の大収穫は、うろうろしていて見つけたファブリックメーカー。
色使いがステキすぎます!
カタログと画像集のCDをいただいて、ヨダレをたらしながら見ています。

この配色は好きすぎます!

大阪ではまだ出回っていないようなので、
早く大阪で使いたいです!
でもかなりお値段が高いです!
クオリティーに見合う金額なのですが、なかなかそんな贅沢な現場はありません…。

でもこのテイストは自分なりにアレンジして取り入れたいと思います。
と、言うか今までのわたしのテイストに似ています。(あ、感違い?)

ここでお見せ出来ませんが、気になる方は事務所にいらして下さい。
かなりかなりステキですよ!

色んな色の組合わせがあったのですが、
特に心惹かれたのはブラウンとクジャクの羽のようなブルーの配色。

今、私自身気になっていて、洋服にも取り入れている配色。

e0087158_1235341.jpg

e0087158_124774.jpg


下手したらこの配色の洋服を3日くらい連続していることもあります(笑

トップスは今回東京でカラーリストの田岡道子先生のお店LEGEND COLORで購入!

表参道の先生のショップと隣にあるご主人経営のトルコ料理店に
遊びに行ってきました。

先生の個性溢れるステキなお店でした。

このブラウンとピーコックブルーの組合わせ、
インテリアに取り入れてもステキなんです。

あ〜、自分で自分の服の色見て癒されます〜。

ところで「インテリア」、と言えば年明けの1月25日に
Salon de Charites 〜カラーリストとそのタマゴの会の
17回目として「インテリアとカラー」のセミナーを開催します。

基本的に色を使うことを仕事にしている、仕事にしたい方向けの
セミナーですが、インテリアが好きすぎる!興味がありすぎる!
と言う方はどなたでもご参加下さい。

このセミナーはシリーズで開催予定ですので、
是非初回の今回からご参加下さいませ。

インテリアのセオリーと言えば色々ありますが、
それを踏まえた上で、「当たり前じゃない」「本に載っていない」
今までの実例も交えた内容をお話しさせていただきます。

例えば…
インテリアのセオリーで「床は暗く、天井は明るく」というものがあります。
部屋を広く見せる効果を狙ってるものですが、白い壁の面積が広すぎて
殺風景で落ち着かない空間になることもあります。

で、例えば寝室やレジャーホテルなどでは
天井に鮮やかな色を持ってきて床を明るく、というやり方もあります。

e0087158_1331396.jpg


天井に色を持ってくると、反射して壁もうっすら色づいて面白い効果を生みます。
壁に色をつけることは多いですが、意外と天井の色が部屋のイメージを
作ってくれる事もありますので、ありきたりの白い天井に飽きた方にはおすすめです。

実際、わたしの教え子さんが、上のイラストのような紫の天井にしたら
すごく落ち着く空間になったと言われていました。

上を向いた状態で過ごすスペースで、
天井に好きな色を持ってくるのはいいと思います。


また、進出色と後退色と言うものがありますが、
細長い部屋や店舗で、幅を広く見せるのではなく、
あえて奥行きを強調する事でインテリアに「個性」を出すという方法があります。

e0087158_1341072.jpg


これは実際に何度か使っている方法ですが、
奥の壁の色を後退色のブルーするとユニークな空間になったりします。

ミラーを貼るという方法もありますが、色の効果をこうして使うと面白いです。

私達日本人は良い所を目立たせる事より、
「欠点を隠す」ということに一生懸命になりがちな国民性を持っています。

狭いから、天井が低いから…というマイナス面を隠すことに重点を置きすぎて
「楽しさ」や「個性」を失ってしまっているインテリアが多いと思います。
欧米の人と違って、生まれた時から狭くて天井の低い家に住んでいるのですから
逆にそれを楽しまないと!

メイクやファッションの世界でもよくこう言われます。
「チャームポイントと欠点は紙一重」。

今回はそんなポジティブなインテリアのお話をご紹介出来たら…と思っています。

皆さんのご参加、お待ちしております!

詳しくは弊社サイトへどうぞ!
[PR]

by mio_honma | 2007-12-28 01:54 | color : life

<< カラーユニバーサルデザイン       最近の色イロ01 >>