カラーリストの仕事06

色を組み合わせる。

これが仕事の大半と言ってもいいと思う。

インテリアカラー、ファッションのカラー、Webのカラー、
それらを表現する書類、ビジュアルのカラー。

ひらめきでザクザク出てくる時もあれば
行き詰まって新しい配色が出来ない時もある。

そんな時、色を実際に見たり組み合わせたりして
新しい配色が出来る時もあれば、仕事と離れて
街を歩いていてひらめく時もある。


レジャーホテル、いわゆるラブホテルのインテリア。
現在、2物件をプランニング中。

レジャーホテルの仕事は去年の春以来久しぶり。
その時、70室のインテリアを作ったので正直出し切った感、
使い切った感があったのだが、色ってやっぱり不思議。

また新しい配色が生まれてくる。



この間、いい質問をいただいた。

「仕事で色を使うのに、どんな勉強をし続けていますか?」

「色々なリサーチも大事ですが、
仕事をしていることが一番勉強になります。」
そう答えた。

お金をもらって勉強というのも失礼な話だが、
こうして色んな仕事をさせていただくことで
本当に求められている色、人を感じさせる色を勉強させてもらっている。


新しい素材、新しい色、本当に流行っている色、求められる色、
本当に人を癒す色、ほぐす色。
でも刺激する色。

一緒に作った人や作ったものに対する反応が、
わたしに色々なことを教えてくれる。


仕事を依頼して下さる方、
仕事に携わる方々、感謝しています。

そして何より私の強い味方となってくれる「色」に感謝。


配色に行き詰まって久しぶりに読んだ本に書かれていた。


すごい仕事は人がくれるものではない

どんな仕事もすごい仕事にできる!
まさかと思うならあなたは間違った周波数にチャンネルを合わせている




自分が愛していないものを、人が愛してくれるとどうして思うのか。



色って凄いな、ステキだな、気持ちいいな。
我ながらそう感じられるものをこれからも作っていきたい。
[PR]

by mio_honma | 2008-01-31 21:46 | color : life

<< 色と香りと質感と       色彩技能パーソナルカラー検定 >>