カラー業界のこれから~フリートークディスカッション


………INFORMATION………

カラーコンサルティングオフィス
カラーコンシャスカリテス
4月のイベント&セミナー


4/17木曜日パーソナルカラー無料セミナーのご案内
4/18金曜日提携カラーリスト 澤田岳志のご紹介&ファッションセミナーのご案内
4/25金曜日サロン・ド・カリテス〜色彩心理・カラーセラピーとは?


======================================


先月の末のサロン・ド・カリテスで
(サロン・ド・カリテスは毎月1回開催している
カラーリストとそのタマゴの会です。)
カラーリストが集まり、普段なかなか聞けない言えない悩みや
業界の今後について、トークディスカッションをしました。

お越し下さった方は、初参加の方や男性含め10名にも!

皆さん週末のお忙しい中、ありがとうございました。

ひとりで活動することが多い「カラーリストの仕事」。
なかなか悩みを打ち明ける相手も機会も少ないのですが、
同じ志を持つ私たち、すぐに和気あいあいのトークとなりました。

この模様はダイジェストでカリテスのサイトに近日中に
掲載されますので、参加された方も、参加されなかったカラーリストさんも
そしてこれからカラーリストを目指す方も、是非ご覧になって下さい。

そのディスカッションの中にもあった「カラー プラス アルファ」というお話。
サイトにも掲載予定ですが、皆さん大変興味を持たれたテーマでした。

「パーソナルカラー以外のスキルがないのですが、
やはりカラー プラス アルファがないと仕事として難しいでしょうか?」

色彩検定を受検し、パーソナルカラーを習得する。
カラーを学んだ方で、このルートをたどった方は多いと思います。

もちろんわたしもこういう流れで学びました。

そして言い方は悪いですが、すぐにお金になりやすいのが
パーソナルカラーなので、まずこれを仕事にされる方も多いと思います。

1時間半から2時間くらいの診断で
大阪だと10,000円から20,000円くらいでしょうか?

間をとって15,000円として、月に20人のお客様を診断して月30万円。
でも月に20人ものご予約をいただくのが難しいのは皆さんご存じでしょうし、
事務所を借りたり、お客様へのカラーサンプルの実費を考えると
仕事としては難しい面があります。

では、他にどんな仕事があるか…。
・パーソナルカラーをセミナーやレッスンで大勢の方にお伝えする
・販売店や企業に向け、社員教育としてパーソナルカラーを指導する
・着物や宝石店、ウエディングサロンなどの販促イベントに出演する

そういう仕事から始まって、ファッション関係の商品企画、
インテリアのコーディネート、講演の依頼…というふうに
自分が目指すものがはっきりと決まっていれば
仕事はどんどん広がっていくと思います。

そしてそのためには、専門知識やリサーチ、そして実績が必要です。
だからといってやみくもに知識だけを身につけても
「使えない知識」であれば、むしろ無駄だと思います。

はじめからすべてが出来る人は絶対にいません。
誰でも「初めて」の仕事を経験して、そのエキスパートになっていきます。

専門職のプロを目指すのであれば、「これ、やっておいた方がいいかな?」
という気持ちで学んだことはあまり役に立たないと思います。

自分が本気で目指して、本気で取り組んだことが
自分の「身」「実」になると思います。

前にもどこかで書きましたが、わたしは人にメイクをすることが出来ません。
メイクのカラーやどういうイメージが似合うかはアドバイスできますが、
はっきり言って自分のメイクも手抜きで下手くそです。

だからメイクは出来た方がいいとは思いますが、
わたしみたいなのがそんな気持ちで習ったところで
お客様を満足させることは出来ないとわかっているので手を付けていません。

何より優れたメイクの技術を持つ、中西さつきさんのような方が
側にいるので必要なときはお任せしています。

ただわたしは色そのものや配色に関しては、
自分が好きで好きでたまらなく、飽きることも涸れることもなく
(あ、たまに涸れる)どんどん中から溢れてくるのです。

色を見てイメージをふくらまし、それを組み合わせて
また新しいイメージを作り出すことが好きなのです。

だから、今の仕事が続けられていると思います。

ずいぶん偉そうなことを言いましたが、
仕事をしているとき、仕事のツラさ、苦しさの中で
「気持ちいい!」「これや〜!」と感じる自分に敏感になって
自分らしいスタイルを持つ個性的なカラーリストがますます増え、
カラーリスト、カラーコーディネーターという仕事が
世の中で必要な職業だと思ってもらえる日がくることを願います!

って、えらく熱く語ってしまいましたが、
「カラーリスト」「カラーコーディネーター」という職業自体
知らない人が多いんやから、そのくらい熱く語らないと伝わりませんよね。

長文を読んでいただき、ありがとうございます!

追伸:最近スパムがヒドいのでコメント、TB共
本文中に「http://」と書き込めないのでよろしくに。
url、mailのところには書けますんで!
[PR]

by mio_honma | 2008-04-08 21:53 | color : work

<< カラーコーディネーター パーフ...       COLOR SESSION 2008 >>