<   2006年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

東京デザイン

昨日から横浜・東京に3泊で出張。

今回のお宿は汐留のヴィラフォンテーヌ。

都内に何店舗かあるホテルだが、
ここ汐留がイチバンリッチな雰囲気。

汐留自体が新しく未来チックな街だからでしょうか?

ビルのエスカレーターやファサードなどもドラマティックな感じ。
e0087158_2261848.jpg
e0087158_2263564.jpg

やはりホテルにしても店舗にしてもアプローチはとても大切だと思います。
どんなに小さなお店や部屋でも今から始まる時間や、
これから目にする空間にわくわくするような、心ときめく演出が必要です。

お部屋もモダンでシックな東京っぽいインテリア。
東京の人にはわからないかもしれませんが、
関西の私から見ると、こういうのが東京デザイン、て感じです。
e0087158_22104497.jpg

大阪にはこういう雰囲気のホテル、少ないです。

昨夜、銀座で見た、ミキモトの新しいビル。
雑誌などでも見ましたが、やっぱり本物は違います。
ライティングなども綺麗でした。
e0087158_22164318.jpg

e0087158_2239664.jpg

銀座は歩いたり車で走って見るだけでもステキです。
本当に美しい眺め。
ここもやっぱり東京っぽいです。

広尾の方で見た、ICE BAR.
e0087158_2219317.jpg

中は零下の世界だそうです。
話題になっていますが、寒さに凍えながらのお酒、どうなんでしょう?
夏になれば行きたくなるのかな?
でもスタイリッシュな外観。ここも東京っぽいです。
停まってるクルマ、四角い昔の外車、例えば昔のボルボとかだったらもっとカッコイイのにな。

恵比寿にあるダイニングバー、「silver g」も東京っぽいお店でした。
e0087158_22281860.jpg
e0087158_22283545.jpg
e0087158_2228486.jpg
e0087158_22285811.jpg

内装にお金かかってます。(こういうところが関西っぽい?)

最後に行ったカラオケ。
大阪にもある「aria blue」。
ジャグジー付きのお部屋にはたっぷりのタオルとバスローブ。
そして色んな水着。
e0087158_22402492.jpg

東京は広いです。
遊ぶのには本当に飽きない街。
この街で飽きるほど遊べる身分になりたいです。

※今回は写真がいっぱい、見に来てくれた方、重かったらごめんなさい。
[PR]

by mio_honma | 2006-03-29 22:41 | color : style

クリスマスディスプレイ

和歌山の伊都郡かつらぎ町にオープンしたホテル。
「ホテルチャペルクリスマス」

「365日、1年中クリスマス!」がテーマのレジャーホテルです。

もともとスタンダードでややエレガントなインテリアを
ディスプレイだけでクリスマスイメージにリニューアル。

クリスマスのディスプレイ品が少ないこの時期ですが、
短期間でなんとか仕上げることができました。

今回は全体のコーディネートをフラワー&グリーンプランニングの坂本さんに依頼。

彼女とは何度も仕事をしているので、レジャーホテルの
スタイリングは安心してお任せできます。

ロビーに置かれたクリスマスツリー。
逆三角形の「アンブレラツリー」といわれるもの。
これは今年のトレンドだそうです。
e0087158_154258100.jpg

お部屋は、もともとどれも白い壁と木製の家具、建具。
確かに清潔感があって、これはこれでいいのですが、
私に求められるのはやはりカラフルなインテリアコーディネート。
ディスプレイとベッド廻りのファブリックで「色気」を感じさせます。
e0087158_15433581.jpg
e0087158_154347100.jpg
e0087158_15435894.jpg


仕上げ材をリニューアルした部屋は、思い切りラブホテルちっくに仕上げました。
e0087158_15452567.jpg
e0087158_15453459.jpg

最近はこういうソフトなプレイルームが好まれるそうです。

総檜の露天風呂付の部屋も1室あります。
お部屋に入るなり檜のいい香りが漂います。ここはわたしも使ってみたいです。
e0087158_15472219.jpg


手軽に利用できる非日常空間、レジャーホテル。
私たち世代の女性でも後ろめたさを感じることなく、
楽しくおしゃれに使っていただける空間作りを心がけていきたいです。

明日は新横浜のレジャーホテルの新店の最終デザインチェックに行ってきます。

オープンは3/31です。またこちらでご紹介させていただきます。
[PR]

by mio_honma | 2006-03-27 15:51 | color : work

レーシングカーのカラー

昨日は「スーパーGT」というレースの開幕戦を見に鈴鹿サーキットへ。

クライアントの社長とタレントのヒロミさんがレーサーとして
出場されるので応援に行ってきました。
今年新しいチームで参戦、クルマはフェラーリF360.

毎年参戦される「スーパー耐久」は何度か応援に行ったことがあるのですが、
「スーパーGT」は初めての体験。

とても華やかで緊張感があるとは聞いていましたが、ほんとに凄かったです。
観客数、ドライバー、ピットやバックヤードの雰囲気など、圧倒されました。

レーシングカーのカラー。
やはり、赤や黄色などの視認性の高い色が多いのですが、
意外に「白」も多かったように思います。

応援したフェラーリはやはり「赤」がベースの白とのツートーンカラー。
クルマのイメージにぴったりなのはもちろんですが、
やはり強そう、気合入ってそうなイメージがします。
e0087158_2236576.jpg

e0087158_22375755.jpg

e0087158_22384787.jpg

進出色、後退色。
実際より近くに感じられる色と遠くに感じられる色。
赤や黄色などの暖色は、実際より前に出ているように見え、
ブルーやムラサキなどの寒色は、実際より後ろに引っ込んでいるように見えます。
e0087158_22391215.jpg
e0087158_22392220.jpg

確かに真っ赤なクルマが後ろに付くと、青いクルマより
プレッシャーを感じるような気がします。

プロのドライバーは、そんな色による作用は感じないのかも知れませんが、
一般社会では実際、赤や黄色のクルマの事故は、
寒色系のクルマに比べて少ないようです。

白のクルマで個人的にいいなと思ったランボルギーニ。
写真はスターティンググリッドのものですが、
この後このクルマは、300クラスで見事優勝しました。

たくさんのスポンサーのロゴを背負って走るレーシングカー。
白いクルマだと、やはりスポンサーのロゴが活きますね。
e0087158_2240731.jpg

クルマの色についても、これから色々考えていきたいと思います。

でも、とにかく楽しかったです。(フェラーリは完走しました!)
[PR]

by mio_honma | 2006-03-20 22:42 | color : style

3月に入って出張が立て続け。

京都の園部、名古屋、三河、長崎、福岡、仙台、東京と
なかなか机に向かって仕事できないのが悩みです。

でも仕事とはいえ、色んな土地に行けるのは楽しみ。
駅や空港を出たときに感じるその街の色、空気感、土地柄や人柄。
せまい日本でも色々なので不思議です。

ほとんどは仕事先と駅や空港の往復ですが、食べることがなにより好きなので、
せめて食事だけでもと、その土地のおいしいものをいただくようにしています。

仙台ではやはり「牛タン」。
福島出身の友人に「とだて」というお店を勧められましたが、
閉店してしまったようで、オススメNo.2の「太助」という有名店へ。

1人前3枚と聞くとそうでもなさそうですが、焼肉屋さんの牛タンとは
大きさも厚さも比べモノになりません。

麦ゴハンもテールスープもおいしくて、久々に肉を食べた!という感じでした。

現地近くで入った「喫茶店」貴族の森。
昔郊外によくあったような大型のお店。
メニューが豊富でランチも安い。(コーヒーと同じくらい)
どうりで周りにファミレスがないと思った…。
カフェオレにホイップクリームが乗っていました。
e0087158_21281379.jpg

そこの駐車場の看板。
「馬でお越しのお客様はこちらにおつなぎ下さい。」
ふふ、面白いお店ですね。ネットで調べるとたくさんチェーン店がありました。
またどこかに出張に行ったら、他のお店も行ってみたいです。

九州はラーメンはじめ、おいしいものがたくさんありますが、
(ラーメンのお店のオススメは屋台の一竜。同じ名前の店や、
チェーン店で東京にもあるけど、同じ店かな?)
わたしが特に気に入ってるのが「明太子」。

レストランの朝食バイキングやランチで明太子食べ放題っていうところもあって、
朝から玉子かけゴハンに明太子たっぷり…幸せです。

どこのものもそれぞれおいしいのですが、取り寄せるほど好きなのが
「中弥」の大辛。見た目から唐辛子まみれで、辛いだけではないけど、やっぱり辛い!
別添えの「たれ」をかけると、さらに辛ウマです。

話しがどんどん食べ物のことになりますが、旅の思い出って
食べたものの印象が大きく関わりますね。
おいしいものが食べられたところは、やっぱり好きになるし、また行きたくなります。

明日はスーパーGTの開幕戦で鈴鹿サーキットへ。
尾本選手・ヒロミ選手の応援に行ってきます。

鈴鹿にはおいしいもの、あるのかな?
調べて是非寄って帰りたいです。

※それぞれのお店、リンクしようとしたら書ききる寸前にフリーズ。
なので、お店情報は是非サイトで検索してみてください。
[PR]

by mio_honma | 2006-03-18 21:31 | color : life

パーソナルカラーに老若男女は関係ありません!

今日のパーソナルカラーのお客様は、
・20代後半の自営業の男性
・60代半ばの短大の先生をされている女性

おふたりとも先日ほんの少し出演したラジオを聞いて来て下さった方。
ラジオ出演と言っても、平日のお昼前で10分ほど簡単なお話をしただけだったので、
反響があるとは思っていなかったのですが、
興味を持って下さった方がいることを知り、とてもとても嬉しかったです。

男性のお客様はお会いするなり
「お肌がブルーベースでソフトな印象なのでサマーかな」
と、わかりやすい方だと思ってドレーピングを始めると実は「ウインター」。

サマーのやわらかい色だと物足りなく、ウインターの派手めの色で
お顔がきりっと引き締まる。

あー、やっぱりドレープを当ててみないと分からないなー。

ブルー系ばかり着られているようで、似合うピンクや紫をオススメすると
とても照れくさそう。
でも次第に、精悍で洗練されたご自分を見て笑顔に。
そうそう!いい感じです。

お客様が低めのテンションで来られて、診断後ハイテンションで帰って行かれるのが
最高に楽しく嬉しいです。「あー、この仕事選んで良かった!」
次回、お目にかかるのが楽しみ。どんなふうに変身されるのでしょうね。


その後の女性のお客様は、ラジオを聞いて「色のあるものを着よう!」と
思われたらしく(それまでは黒ずくめだったそうです。)
ラジオの放送後、いきなりピンクのバッグを買われたそう。
ステキ!

ドレーピングで色んな色を当てるたび、ビックリされたり喜ばれたり。
楽しんでいただけると、わたしも本当にやりがいがあります。

最後にプレゼントさせていただいているネイルも
「せっかくなので自分では買わないような色がいいのでは?」
とオススメすると写真左のローズ系の派手な色をお選びに。
e0087158_23221382.jpg

そうです!年齢を重ねられた方にこそ、こういう色を身につけていただきたい!

ファッションのことはもちろん、お仕事のこと、プライベートのこと、
たくさんお話しもさせていただきました。

「今、色に興味があるので、パーソナルカラー勉強したいです!
 色彩技能・パーソナルカラー検定も受けます!」

4月からうちでレッスンも受けていただく予定です。
その前向きさ、見習いたいです。

今日はお客様に元気をいただきました。
ありがとうございました。

パーソナルカラーに年齢、性別は関係ありません。
自分に似合う色、似合いにくい色を知ることでどんな方にも発見があると思います。

身につける色で自分のイメージが大きく変わることも実感できます。
機会があれば、みなさんに是非体験していただきたいと思います。
[PR]

by mio_honma | 2006-03-11 23:24 | color : work

JAPAN SHOP

東京へジャパンショップ(店舗関連の素材、製品の展示会)を見に行ってきました。

忙しい中無理して行きましたが、行って良かったです。

写真は突き板(天然木をスライスしたもの、家具や建具の仕上げに使います。)
のサンプル。写真のような個性的な木目が流行っています。
e0087158_2246443.jpg

最近は「木目柄」や「石柄」のフェイク素材が多く、
使う人もフェイクを本物と思っている人が多くて残念です。

仕事でもやはりフェイクのモノを使うことが多いのですが、
やはり天然の素材には独特の「味」があります。

コストや納期の関係で、フェイクを使うことは悪くないと思いますが、
使う側のエンドユーザーもデザインする我々も、まずは本物を知るべきだと思います。


個人的にも仕事的にも気になっている「キラキラ」した製品、素材。
色んなモノにお目にかかることができました。
e0087158_22473328.jpg
e0087158_22474234.jpg
e0087158_2247516.jpg

少し澱んでいた私のアタマの中、新しいモノとの出会いでかなり活性化されました。

今回の展示会の中でのイチバンの収穫。
LEDのソーラーライト。
e0087158_22482488.jpg

まだ製品化されていないのですが、今計画中のものになんとか使いたい!
出展社も大阪の会社です。ラッキー!

どこにどのように使えるか、実現したらここで紹介しますのでお楽しみに。

展示会の後、表参道ヒルズへ。
e0087158_22484546.jpg
e0087158_22485847.jpg

外観は安藤忠雄さんの設計なので、やはりコンクリート打ちっ放し。
でも中は暖かい雰囲気でなかなか良かったです。

表参道の坂を再現した、700メートルものゆるーいスロープ。
お散歩する感じで楽しく見ることができました。

ただ、スロープとお店のエントランスのおさまりに違和感のあるお店もちらほら。
通路もやや狭いかな。スペースの都合上、仕方ないですね。

やっぱり無理してでも出掛けないといけませんね。
新しい「モノ」、新しい「土地」との出会い。刺激になりました。
[PR]

by mio_honma | 2006-03-11 22:51 | color : work

横浜

横浜へ出張。
今回は日帰り(次の出張先へ移動)でしたが、
仕事の合間にシーバスに乗りました。
e0087158_1722057.jpg

何度も乗っていますが、大好きな景色です。

今からちょうど5年前、このシーバスに乗っているとき
ふと「いつか横浜に住んで東京で仕事しよう。」と思いました。
普段はクルマ通勤、時々はシーバスで横浜駅まで出て、東京に仕事に行く。
と、勝手に妄想しています。
なぜでしょう、昔から横浜が大好きなのです。

あれから気持ちはあるもののなかなか実現することができず、
5年も経ってしまいましたが、昨年クライアントからありがたいお話があり、
間借りですが、横浜にオフィス(デスク)を持つことが出来ました。

2月にオープンして、まだまだ手つかずの状態ですが、
今年は少しずつでもしっかり基盤を固めていきたいと思っています。

出張から戻ったら、東京でのイベントの出演依頼が。
最近はインターネットを通じて、全国から色んな仕事の話しを
いただけるようになりました。
数年前まで考えられなかったことですね。
ありがたいことです。

先方からご依頼いただく仕事と、こちらから仕掛けていく仕事。
関東での仕事、少しずつ増えていくよう頑張りたいと思います。

ところで話しは変わりますが、3月9日号の週刊文春。
椎名誠さんの「風まかせ 赤マント」今回特に良かったです。
良かったら読んで下さい。
今週号が明日発売なのでお早めに!

で、またまた話しは変わりますが、
椎名さんがexcite blogの「麺の甲子園」の企画で、
ミナミの「千とせ」に出現!
ここは私が以前blogでオススメしたお店。嬉しい!

詳しくはこちらからどうぞ!
タイトル下の各地のレポートからどうぞ。
[PR]

by mio_honma | 2006-03-08 17:42 | color : life

Penthouse Suite

長崎のリゾートホテル。

コンセプトはカラフルリゾート。
マイアミ、カリブなど色んなリゾートがミックスされたカラフルなインテリア。

もともとが全室オーシャンビューのリゾートホテルだったのだが、
リノベーション後はかなり賑やかで華やかなイメージに。

最上階はもともとレストランフロア。

ここをペントハウススイートとして改装。

なんと60坪!200平米ほどもあるフロアを間仕切りなしに1室に仕上げる。

全面ガラスの向こうはどこまでも「海」「海」「海」!

当初はゴージャスなドバイのスーパーリゾートをイメージして
コーディネートしていたが、あまりにコストが掛かりすぎるため断念。
e0087158_23525421.jpg
e0087158_23531159.jpg




マイアミのシーサイドのモダンな別荘をイメージしたインテリアに変更。
e0087158_23542668.jpg
e0087158_23562166.jpg




本日久しぶりに現場に訪れ、墨だし(実際の工事の寸法だし)を確認。

家具や浴室(お部屋の中に全面ガラス張りのバス)を置いてみると
思うほど広くはないが、この天井高と景観。
それなりの家具とそれなりの仕上げ、演出がないと様にならない。

あー、やっぱり現場は何度も足を運ばないとだめだなー。

写真は今日の現場のもの。
詳細はまだまだシークレットですが、4月にオープンですので、
またこちらでご紹介したいと思います。お楽しみに。
e0087158_23565850.jpg
e0087158_23571039.jpg

[PR]

by mio_honma | 2006-03-08 00:02 | color : work

カラーリストの仕事03〜競争力

手がけていた名古屋の店舗が完成。

昨日現場に行ってきました。
e0087158_203759.jpg
e0087158_2031741.jpg
e0087158_2032599.jpg

スポーツカー専門の中古車屋さん。
そう聞くと、なんだ中古車屋?と思われがちですが、
ここは中古車の車種やカテゴリーを絞り、しっかりとチューニング、
メンテナンスされた、オシャレなスポーツカーを扱っており、
この企業自体がブランド化されつつあります。

扱う商品はもちろんですが、ビジュアル面も
シックでモダンなインテリアデザイン、
グラフィックデザインなどにもこだわり、
いい店でいいものを買う、という顧客の満足度を大切にしています。

有名なドライバーを招いたドライビングレッスンの主催や
レースのスポンサーなどもされ、社長自身も現役のドライバー。

こういうクライアントを見ていると、やはり他がやっていないこと、
他の企業には出来ないことを手掛け、継続することが「競争力」だと感じます。



当たり前のようにコンピューターが仕事に使われるようになりましたが、
それもこの10年くらいの話し。
この目まぐるしく早く展開、進歩する今の世の中。

「他がやっていないこと」「他の企業には出来ないこと」。

やはり、コンピューターや機械には出来ないことをやる、
またはそのコンピューターや機械をうまく使う、しかないと思います。

わたしが考える大切なことは、
人間として「考える」こと。
人間として「人とコミュニケーションをとる」こと。

どちらもごく当たり前のことですが、うまく出来ない人が多いように感じます。

私たちカラーリストの仕事。
測色計やデータベースなどの機械、コンピューターも
活用されてきているようですが、わたしは自分の目が使い物にならなくなるまでは
今まで通り、アナログにやっていきたいと思います。
(あくまでデジタルはツールとして使っていきたいと思います。)
私たちの仕事は考えることと、人や企業とのコミュニケーションが大切だからです。

アナログな手法とは言え、今のようなデジタルな社会になって、
歴代、既存の先輩カラーリストが手掛けたことのない仕事もどんどん増えています。
いや、自分たちで新しい「色に関する仕事」を創り出していかなくてはいけません。

なので、私たちの世代のカラーリスト、カラーリストを目指す人には
これからチャンスがたくさんあると思います。

わたしもこれまで通り、人にはできないことを目指し、強い「競争力」を持って、
カラーの業界をもっと盛り上げていきたいと考えています。

みなさん、楽しみながら、楽しませながら頑張りましょう!
[PR]

by mio_honma | 2006-03-03 20:18 | color : work