<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

色の見え方

今日、同業の方のコメントで
「暗清色、特に黄色やオレンジ、黄緑の暗清色が濁って見える。」
というものがありました。確かに人によっては濁りを感じます。

色が濁っている、濁っていないというのは、
私たちカラーリストが色を識別するときに必ずチェックすること。

暗くて清らかな(濁っていない)色、
簡単に言うと、純色(原色)に黒が混ざっている色。

逆に明清色とは、純色に白が混ざっている色。

では「濁色・だくしょく(濁っている色)」とは?
純色に「グレー」が混ざっている色。

確かに黄色を多く含む色に、黒を混ぜると色に濁りを感じる。
理論上では濁りはないはずなのだが…。

イラストレーターで色を作ってみる。
あくまでパソコン上、CMYK値なので見え方にバラツキと
厳密な理論とは少し離れることは承知で。
e0087158_2113339.jpg


黄色の純色と赤の純色に黒を足す。
人によっては真ん中の色は濁って見えるだろう。

一番右は純色に、反対色を足した色。
インテリアやエクステリアのペイントの際、
色があまりにハデだったり、鮮やかすぎる場合、
反対色を混ぜるというテクニックがある。

色をくすませ、落ち着かせる効果があるためだ。
つまり一番右は「濁色」。

ちなみに反対色は文字通り、反対の色、補色。
色相環上、向かい合う色。
e0087158_216368.jpg

確かに濁っている、濁っていないは人それぞれの感覚に大差があると思う。

その感覚がもともとある方と、あまりない方があるため、人にお教えする際、
特に濁色というのは伝えるのが難しい。

それと、以前から感じていたこと。
黄色に黒を足すと、「みどりみ」を感じる。
はじめに示した黄色と赤の画像、真ん中と一番右の黄色、
確かに見た目、みどりみが感じられる。

わたしは理論上難しく考えないように、
黒には「青み」が感じられる、イエローベース、ブルーベースに分けると
黒はブルーベースだし、ヒゲって青く感じられるし、とアタマに入れている。

でもこの不思議な現象、何故なのかご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。

ところで、ひとつ前の「I'm home」のカラー特集とても良かったです。
時々カラーの特集が組まれるのですが、今回最も興味深かったのが、
アグネス・エメリーのページ。

ペインターからデザイナー、コーディネーター、デコレーター、
様々な肩書きを持つ彼女の色使い、色と暮らすという彼女の哲学。
わくわく、ぞくぞく、くらくらします。
[PR]

by mio_honma | 2006-05-23 21:23 | color : work

専門学校の課題

ファッションビジネス業界を目指す人向けの専門学校の授業。

色のイメージを思いつくまま言葉で表現してみましょう!
赤は?情熱、黒は?厳格、青は?さわやか…。

ファッションに興味のある人ばかりのはずなので、
ファッション誌をたくさん読んでいるだろうし、
形容詞やイメージが次々出てくると思った。

が、実際全然出てこない。

あまりにもシーンとしてしまったので、
ホワイトボードに例えばこういうのがありますよねー。
わたしが言葉を書き出すと、一斉にみんなノートに写しだした。

書くことは大切ですけど、ちょっと違うなー。

若いからボキャブラリーが少ないのはわかるけど、
業界に入ったら、横文字やイメージで話す人、いっぱいいるよー!

大丈夫かなー、と不安に思いつつ、GW中の課題を出す。

「流行色の分析と見解」
この春夏の流行色、スタイル、ラインをスクラップして、
説明と自分の考え、見解をフリーでまとめて下さい。
もちろん雑誌の切り抜きでも街角スナップでもOK。
人前に出して説明するものなので、見せ方や見やすさも考慮して作ること。

質問があれば携帯でもメールでもいいから連絡を、と伝えたが、
質問があったのはひとりだけ。

みんなちゃんとわかったのかなー、と思いつつGW開けの授業。

お!やるじゃん!
明らかに時間不足で手ぬきな生徒もいましたが、全体的に思った以上のレベル。

細部にまでこだわって作っていた生徒の課題は、
就職活動にも充分使える、素晴らしい出来。

まだまだ若いから、言葉で表現するのが下手なだけなんですね。
みんなの半年後が楽しみになりました。

お勉強も大切ですが、いっぱい本読んで、いっぱいおしゃれして、いい友達、
いいオンナ、いいオトコといい店で遊んで、自分を磨いてくださいね。
[PR]

by mio_honma | 2006-05-18 15:30 | color : work

色彩学会

5月19日、20日、京都で日本色彩学会第37回全国大会が開催されます。

先日、ある大学院生がこの学会で発表するとのことで、
研究内容を見て欲しいと、オフィスにお越しくださった。

未発表のテーマで、もちろん内容はここでは書けませんが、
私自身、面白いところに目を付けるなー、と感心しました。
(Sさん、頑張って下さいね!)

わたしの知りうる範囲、思いつく範囲でアドバイスさせていただき、
聴講にも行きたいと思ったのですが、あいにく仕事で無理。

その他の研究テーマの一覧を見ると面白そうなものがたくさん並んでいました。

と、同時にこの学会のPRをもっとすれば、参加者も増えるし、
色彩関係者以外の方にも興味を持ってもらえるのにな、と思いました。
正直HPが見にくいのです。

色彩、カラーに関する協会は日本にもいくつかありますが、
どこのHPも「カラー」や「見せ方」が美しいとは言い難いです。

大変偉そうですが、協会には色のプロが会員として
たくさん入会されているはずなのに、何故かな?といつも疑問に感じます。

確かに色には好みがあるので、美しい、見やすいと感じるのは人それぞれですが、
「らしさ」というのは必要だと思います。

以前、カラーリストの男性が、話しをしたいとおっしゃり、
お目にかかって出された名刺がモノクロのシンプルなもの。
「どうして、こういうデザインなのですか?」とお聞きしたところ、
「まだ出来てなくて、間に合わせで…。」

「ならば、名刺は出さない方がいいのでは?
理由があってこのデザインなら納得ですが、
意味のないデザインやカラーリングをプロがしてはいけないと思います。」

プロとして「デザイン」や「カラーリング」を決定する立場であれば、
そこに意味や理由がないのであれば、お金をいただいてはいけないと思います。

専門学校の授業で、作品のプレゼンテーション時、
何故そのようなデザイン、カラーにしたのですか?と聞くと、必ず何人かは
「なんとなく」とか「時間がなかったので」、「思いつかなかったから」
という返答をします。

わたしが聞きたいのはデザインの意味、その色を選んだ理由です。
それがデザインであり、プロのカラーリングなのです。
言い訳を聞きたいのではありません。

学生なのでやむを得ないのですが、
プロ(と、名乗る方でも)そういう言い方をする人がいます。

引いた線、考えたカタチ、選んだ色、選んだ素材。
それらひとつひとつに理由と意味がある仕事の出来る人がプロだと思います。
[PR]

by mio_honma | 2006-05-17 23:01 | color : style

色彩心理&パーソナルカラー

e0087158_11532835.jpg

新しいコンサルティングサービスがスタートしました。
弊社カラーセラピストの狩野が担当させていただきます。

「色彩心理&パーソナルカラーコンサルティング」

似合う色〜パーソナルカラーももちろん大切ですが、
あなたの内面から求める色、必要な色について、
一緒に考えてみませんか?

色彩心理と言っても、楽しみながら自分を振り返ることができる
楽しいメニューです。

おひとりでの診断はもちろん、お友達同志、男性のお客様、
初めての方も、パーソナルカラー診断を以前に受けたことがある方も。

「色」が気になるのは、自分自身の内面からの何かのメッセージ。
目に見えないココロの声を、一緒に紐解くお手伝いを致します。

・「色彩心理&パーソナルカラーコンサルティング」とは?

心身ともにリラックスし安定した状態を作るために、
その人らしさを一番表している色を身につける・というのが
パーソナルカラーの始まりとも言われています。

では「その人らしさを表す色」って何でしょう?
たとえアナタのベストカラーが分かっても、
その色をアナタ自身が受け入れなければそれは本当の意味の
ベストカラーとは言えません。

また逆にたとえアナタがとても好きな色を見に付けたとしても、
その色がアナタの魅力を引き立たせる色でなければ、
その色の持つ長所が瞬く間に短所へと早変わりしてしまいます。

それではアナタのパーソナルカラーも効果半減です。

そこで、自分の体の状態や心の状態を知り、
更に自分の魅力をより引き立たせるベストカラーを見つけて
アナタのイメージを内側からも外側からもより高めていきましょう。

e0087158_11514427.jpg


詳しくはこちらからどうぞ
[PR]

by mio_honma | 2006-05-13 11:55 | color : work

ゆかたの配色

デパートのゆかた売場を覗いてきました。

販売の方ももちろんゆかた姿で、涼しげでステキでした。

今年も色んな色やデザインが出ていますが、
流行の白をベースにしたものがやはり多いようです。

ネット通販のページを見ても、白地のゆかたコーナーがあったりします。
e0087158_1947741.jpg
e0087158_19471969.jpg
e0087158_19472973.jpg

古典柄から洋花をあしらったモダンなものまで、
モチーフは様々ですが、どれもイメージ的には可憐で女性らしいものばかり。

逆にモダンなモチーフや渋めの色合いのものも多く見られます。
e0087158_19491774.jpg
e0087158_19493365.jpg


結構着こなしが難しそうですね。
かなり個性的な方でないとゆかたに負けてしまいそうです。
でも、着こなせると目立つこと間違いないですね。

e0087158_1951337.jpg
e0087158_19511774.jpg


古典柄でありながら色使いや帯の色合わせで、
今っぽい感じのものも多いです。
ステキですね。

お洋服のように同系色の配色ではなく、
まったく違う色相を持ってくると意外にハマルのが着物のコーディネート。

ゆかたと帯、そして下駄やバッグのコーディネート、
見ているだけでわくわくしましたが、夏までもう少しあるので、
ゆっくり楽しみながらシミュレーションして、
渋くて艶っぽい感じのを手に入れたいです。
e0087158_2032581.jpg
e0087158_203346.jpg

[PR]

by mio_honma | 2006-05-08 20:08 | color : style