<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

メイクアップアーティスト「中西さつき」さんのblog

お仕事でもプライベートでもお世話になっている、
メイクアップアーティストの中西さつきさんがblogをスタートされました。

このblogからもリンクしていますので是非ご覧になってみて下さい。

中西さんは、同業のfill colorさんが主催する、カラーリストのランチ会で知り合った方。

名刺を交換した程度でしたが、その後すぐに直筆のお手紙をいただき、
メイクをしていただいたのがきっかけ。

メイクのカラーはアドバイス出来ても、
テクニックをお教えする事が出来ないので、
「色」を熟知したメイクアップアーティストさんと知り合いたいな、
とちょうど思っていたところに偶然の出会い!

わたしは何事にもプロフェッショナルな方が好きなので、
すぐに仕事をご一緒いただけるよう、企画を練ってお願いをしました。

メイクのテクニックやちょっとしたポイントなど、
わたしの言葉では伝わりにくかったところ、
彼女のblogで是非チェックして下さい!

本当に「職人」という言葉がぴったりな方です。


話は変わりますが、昨日の日経流通新聞に
「色」で棚取る仕掛け、という特集がありました。

少し前にここでも取り上げたマンダムの「ムービングラバー」や
明治製菓の「ショコライフ」など。
カラフルな商品にどのような戦略や仕掛けがあるのか。
なかなか興味深い記事です。
また同紙には、塗り絵人気、色鉛筆、ミニ文具等も特集されていますので
まだの方は、是非ご覧になってみて下さい。

iMacのブームから、一時やたらめったらカラフルな商品が溢れかえりましたが、
ここに来て「意味のある」カラープランニングによって生まれた商品が増えてきています。

これらを仕掛けたのはカラーリストだけではないはず。
プロモーションやプロダクトの専門家と肩を並べるくらい、
こういう場でカラーリストとして活躍したいと思います!
[PR]

by mio_honma | 2006-10-26 22:29 | color : work

パーソナルカラー〜企業向けセミナー

昨日は、和(なごみ)合同事務所という総合コンサルタント事務所で、
税理士さん、社会保険労務士さんにパーソナルカラーのセミナーを。

15名ほどの方に似合う色についてお話しするので
ひとりずつ拝見すると、おひとり8分としても120分。

セミナーの持ち時間も120分。
どういう風にお話を持って行こうかと思いましたが
集まられたみなさん、とてもお若く、お洒落で和気あいあいとした雰囲気。
わいわいとしたセミナーが出来そうだったので、
イエローベース、ブルーベースや4シーズンタイプの話は後回し、
色の明るさが顔色にどう影響するか、
色の清、濁が顔色にどう影響するか、
彩度が顔色にどう影響するか、
いきなりデモから始め、その差を実感していただく事に。

e0087158_1730405.jpg


いきなり似合う、似合いにくいを見て下さいと言うと、
みなさん「う〜ん、わからない」となられるが、
単に顔が明るくなったり、暗くなったりはわかりやすいので
デモの時点で盛り上がって下さった。…ほっ。

所員さんをモデルに、少しずつイエローベース、ブルーベースの
話を入れて、徐々にフォーシーズンのお話へ。

e0087158_1731794.jpg


e0087158_17311673.jpg


何人か見させて行くうち、皆さんから
「○○さんは、春や!」「夏がイチバン似合う!」という声が。
4シーズンも理解いただいたようです。

やはり、こういうセミナーは理論から入るとわかりにくいし、盛り上がりにくい。

顔色の違いをわかって、興味を持っていただくことが一番です。

少し時間はオーバーしましたが、全員の似合う色の特徴を
見させていただくことができ、わたしも満足いくセミナーでした。

和合同事務所さま、お話をご紹介下さったSさん、ありがとうございました。

夜は3回目の Salon de Charites。
今回はおふたりの男性も参加下さり、先日blogに書いた、
自称サマーのAさんが、実はスプリングタイプだった事を検証。

とても面白い勉強会になったと思います。
一見サマーっぽいこのAさん、みなさん初見ではやはりサマーと思われたよう。
では、実際ドレーピングするとどうか?をじっくり見ていただく。

サマーだと思い込まれていたみなさんも、ドレーピングを進めるうち
やや困惑気味。

参加された男性のおひとりもやはり途中から「あれ!サマーではない」と気づかれる。

この方が実践されているパーソナルカラーの診断方法は、

1.まず、イメージ的なもので2シーズンを決め、そのシーズンのドレープを当てる。

2.よく似合う方のシーズンと同じベースの、もう1シーズンを当てる。
 (例:スプリングとサマーを当てて、サマーが似合えば、
 次はサマーとウインターを当てる)

3.その結果でパーソナルカラータイプを決定する。

つまり、この場合、オータムは当てないままシーズンを決める事に。

モデルのAさん、ソフトな雰囲気、服装、髪質、かけてらっしゃる眼鏡など、
イメージ的には「サマー」タイプ。

この方法だとおそらくほとんどの方が最初に「サマー」と「オータム」の
ドレープを当ててしまうだろう。

サマーとオータムを比べると、明るめの清色が似合いやすいので
サマーを選ぶ。サマーを選んだら、今度は同じベースのウインターと比べる。

ウインターの色はこの方にはキツすぎるので、結果は「サマー」に。

一番良く似合われる「スプリング」の色を当てないで、
サマータイプと診断されてしまう事もありえると。…気の毒なお話です。
カラーのプロであればイメージを頼りに診断をしてしまってはいけないと思います。
カラーや理論を熟知した上で「イメージのご提案」をすることは大切ですが、
似合う、似合いにくいをイメージで決めてしまうようでは、プロとは言えないと思いますが、
そういう教え方をするところは多いようです。


ところで、Aさんご自身はイエローベースへの憧れが捨てきれず、
サマーと言われながら、サーモンピンクや薄いイエローの服を
買ったり、家で着たりしていたそう。やはり違和感があったのでしょうね。


診断の方法、どれが正しいかは一概には言えません。
もしかしたらそれは、お客様が決める事かもしれません。

でも色々な方法があることは、プロであれば知っておくべきだと思います。

料理人はおいしいと言われる店に勉強がてら食事に行きます。
どんな業界でも、必ず同業へのリサーチはすると思いますし、
必要だと思います。

実際にリサーチでパーソナルカラー診断を受けに行くのもいいですが、
様々なプロ向けの勉強会に行く事は、自分自身のためにはもちろん、
業界全体のレベルアップにもつながると思います。
[PR]

by mio_honma | 2006-10-21 17:50 | color : work

パーソナルカラーとメイク

昨日のお客様、同業のAさんとご友人のSさん

まず、Sさんの診断からさせていただく。
肌色は色白のイエローベース肌。
キラキラした茶色い瞳。

とても鮮やかな色が似合うスプリングタイプの方。
清色で派手目の色で華やかな印象になる。
濁色だとお顔がぼけて、印象が薄くなってしまう。
普段ほとんどお化粧されないそうだが、ノーメイクでもはっきりとした
お顔立ちで、メイク映えしそうな方。

診断後、中西さつきさんがメイクを。
まんべんなく色を着こなす方だが、オレンジをあまり着た事がないそうなので
オレンジの服をイメージして、メイクを施す。

いわゆる Before & Afterです。

e0087158_18482078.jpg


e0087158_18483893.jpg


全体にイエローベースの色でまとめていますが、
目元のアクセントにパープルを。
瞬きするたびに明るいパープルがちらっと感じられて、
とてもキュートで、でも女っぽい雰囲気。

しっかりした眉を少しカットし、イエローブラウンの眉マスカラで
ソフトな色に整える。


e0087158_18513118.jpg





素人のデジカメ画像ですが、違いは歴然。
このメイク、決して難しいテクニックは使わず、ご自身でもしていただける
デイリーメイクです。素顔も美しい方ですが、毎日こうしてメイクしていただきたい!

メイク後は立ち居振る舞いも少し変わられたよう。
似合う服の色も大切ですが、やはりメイクは大切!



同業者、カラーリストのAさん。

何度かお会いした事もある方で、自ら「サマー」とおっしゃっていたので、
コーディネートアドバイスを中心にお話しするつもりでしたが、
明度、彩度、清濁の確認のため、テストカラーをドレーピングする。


………?????、あれ、サマーではない!?


わたしの診断ではどうもスプリングのよう。
サマーの色も似合うケースもあるが、圧倒的にスプリングの色がいい。

しかも濁色系が似合うとのことでしたが、清色が良さそうです。

ツンとすました、スマートな印象を求められるのであればサマーでもいいのですが、
スプリングの色の方が圧倒的にお若く感じられる。

黒くボリュームのある髪と、薄いラベンダー色の眼鏡レンズ、
そして今まで使われていたドレープが原因のよう。

Aさんにもプロのメイクを施して、比較させていただく。

メイク前、サマーっぽい濁色のお洋服にラベンダー色のレンズの眼鏡。


e0087158_1904074.jpg




眼鏡を外して、もう1枚。

e0087158_1911246.jpg


コーラル系の色でメイクを。

e0087158_1921193.jpg


e0087158_1924362.jpg


眼鏡をしても、その差ははっきりと。


e0087158_1934270.jpg



あらためて、パーソナルカラーの奥深さ、使うドレープの大切さ、
そしてメイクの力を感じました。

メイクに関しては「色」だけではなくやはり「面」や「線」が大切。
服と同じ色をそのまま顔にのせる事は間違いではないのですが、
色をどう使うかは、はやりプロでないとなかなかわからない事。

是非、みなさんにもプロのメイクを体験していただきたいと思います。
[PR]

by mio_honma | 2006-10-19 19:06 | color : work

ブルーベースとイエローベースのミックスタイプ

本日のお客様、つい1ヶ月ほど前に他のサロンでパーソナルカラー診断を受けたそう。

その時の診断結果はオータム×サマーのミックスタイプ。

ある有名な流派のサロンで受けられたそうだが、
ドレープはあまり当てず、チンボードと呼ばれるカラーの紙を顔の下に当てられたそう。

わたしもこの方法で何度か診断を受けた事があるが、
紙のせいか、確かにわかりづらかった。

ツヤのある紙のため、照明も反射しやすく、服のイメージを感じにくい。

また、この流派のやり方独特なのかも知れないが、
ドレープやチンボードを当てる際、似合う、似合いにくいや
顔色の変化について説明、コメントは一切しない。
(わたしが受けたカラーリストさんは、コメントしないのが
ここのやり方だと説明していらした)

そして、この流派で診断を受けたものの
「似合う、似合いにくいがよくわからなかったのでもう一度」
という方がうちを訪ねて下さる事は決して少なくない。

このお客様、お目にかかった瞬間、「スプリングタイプの方かな?」と思うほど
色白、黄み肌、やわらかく透き通った肌。
華奢でやさしい印象、お顔立ち。

もちろん、ドレーピングしてみないとわからないのですが、
いわゆる「スプリングっぽい方」で、しかも「ビビッド」でなく
「パステル」が似合うスプリングさんにお見受けする。

ドレープを当てるとやはりわたしの診断では「スプリング」。
スプリングの中でも彩度やや低め、明度高めの色が良く似合われる。
ブルーや紫系はやや彩度高めもOK。

濃い色、暗い色になると、色に負けてしまい、顔が小さくなりすぎて印象が薄くなる。
かなり明度の高い色が似合われるけれど、サマーの明るめの色は
顔全体がグレイッシュになり、唇の色も悪くなる。貧血っぽい顔色に。

比較で同系色の「オータム」や「サマー」の色を当てる。
ご自身でもはっきりわかるくらい顔色が沈んだり、グレイッシュになったり。

以前、同じくオータム×サマータイプと言われるカラーリストさんを
診断させていただいたことがあった。
この方の使っていらしたドレープ、スプリングのものがすごくビビッド!

ハッピにでもなりそうな鮮やかな色が非常に多かった。
ちょっと洋服には考えにくい色だったが、このドレープを使うと
確かに「パステル」系の色が似合うスプリングの方を「スプリング」と診断しにくい。
そのせいでオータム×サマータイプに診断されたよう。

今回のお客様も同じケース。
1ヶ月前に受けた診断では春の色が派手すぎて、顔が浮いてしまってたそう。

はー、またまたこちらも勉強になりました。ありがとうございました。
やはりドレープのために診断がピタっと来ない事はよくあるのだ!

このあたり、もっと研究したいと思います。

今、パーソナルカラーも12タイプや16タイプなど、色々なやり方がありますが、
わたしが大切に思うのは「お客様にとってわかりやすい診断」。
シーズンやタイプにこだわらず、似合う色の特徴を理解していただくこと。

スプリングと言われるタイプの方で、彩度の高い「ビビッド」なものが似合う方もいれば
「パステル系」の優しい色が似合う方もいる。

サマーと言われるタイプの方で、清色が似合う方もいれば、
ややソフトな濁色が似合う方もいる。

オータムタイプは、濃く、強い色が似合う方もいれば、
濁色や曖昧な色が似合う方もいる。

ウインタータイプは、鮮やかな色が似合う方もいれば、モノトーンやアイシーカラー
でまとめる方がすっきりされる方もいる。

そして中にはシーズンやベースを超えて、2シーズン似合う方もいる。

本当に十人十色、おひとりおひとりアドバイスは異なってくる。

今日のお客様に「何故オータムと診断されたのでしょうね?」とわたしが尋ねた。

「目の虹彩がオータムのパターンだったそうです。」

この流派ではキャラクターテストも行われる。
パーソナルカラーは占いのような統計学ではない、と思うのはわたしだけでしょうか?

人気blogランキングへ
[PR]

by mio_honma | 2006-10-17 21:30 | color : work

プロダクトのカラーリング

今、手掛けているプロダクトのカラーリング。

もともとホームセンター、工具店等で販売予定のアイテムなのだが、
女性にも使っていただきたい、売り場での競合商品との差別化を図りたい、
ホームセンター以外の店舗へ販路を拡大したい、
輸入工具っぽいイメージを出したい、という思いを込め
蛍光色のピンクとキミドリを採用。

e0087158_20315443.jpg


もともとカラーは1色展開の予定でしたが、
なんとかバリエーションを!とお話しして、2色展開できることになりました。

現在、製品サンプルを製作中。
出来上がりが非常に楽しみです。

最近、個人的にも世間的にも気になる「ピンクとキミドリ」。

大好きなクレイジーケンバンドのCDジャケットにも使われています。

e0087158_2039578.jpg

(C)DOUBLE JOY RECORDS_CRAZY KEN BAND

昔から「ピンク」イコール「女の子」なイメージでしたが、
最近はハードなピンクや、男のピンクもたくさん見かけます。

e0087158_2042351.jpg


シックなファッションの男性がピンクのiPod nano など持ってたらカッコイイ!

キミドリも携帯や携帯音楽プレイヤーの色としてすっかり定着していますが、
以前であればカラーのバリエーションとして「キミドリ」に「オレンジ」という
ラインナップが多かったけれど、近頃はもしかして「キミドリ」に「ピンク」が新定番!?

e0087158_2044573.jpg


甘くないピンク、男のピンク。
もっと流行るといいな。

人気blogランキングへ
[PR]

by mio_honma | 2006-10-16 21:19 | color : work

この場を借りてお詫びさせていただきます。

弊社が運営するショッピングサイト、「スーパーカラーマーケット」

このサイトのショッピングカートのシステムが
壊れていたようなのです。

最近注文が極端に少ないことと、商品を注文して
お金を振り込んだのに商品が届かないというメールが続いたため発覚いたしました。
ご連絡下さったお客様、ありがとうございました。

商品の発送が遅れたお客様、大変ご迷惑をお掛けしました。
誠に申し訳ありません。
また、おそらく、商品をオーダーしたのに連絡も商品も入らないというお客様も
きっといらっしゃると思います。

オーダーの控えメールが弊社に入らないトラブルが発生していますので、
大変恐縮ですが、
shop@super-color-market.comにメールいただくか、
もしくはお電話06-6225-1528、FAX06-6225-1521までご連絡をお願いいたします。

只今、カートのメンテナンス及びトップページにメンテナンス中の連絡先を
アップする作業をしております。

皆様への商品発送、お問い合わせへの対応とともに、迅速に対応させていただきますので
何卒ご理解、ご了承下さいませ。

謹んでお詫び申し上げます。

カラーコンシャス カリテス
本間美於
[PR]

by mio_honma | 2006-10-12 20:15 | color : work

パーソナルカラーとメイク

すっかり秋らしくなって、いよいよ秋冬のファションも
本格的に楽しめる季節になりました。

個人的な意見ですが、流行の先取り、「早めの秋冬」より
「早めの春夏」の方が好きです。

まだ暑い日にブーツやファーなどのアイテムは、
見た目にもちょっと辛いものがあります。

でも朝晩は少し寒いくらいの今日この頃なので、
着る人も見る人も、ブーツやファーがしっくりきます。

メイクもファッションに合わせて変えたくなる季節。
早めに購入した秋の新色も、これから思い切り楽しめますね。

カリテスでもこの秋から、メークアップアーティストの中西さつきさんを
講師に招いて、メイクのレッスンや講座をスタートさせました。

e0087158_18494341.jpg

e0087158_1965128.jpg


パーソナルカラー診断を受けていただいた後に似合うメイクをさせていただく、
パーソナルカラーメイク
似合うメイクを習得していただく、セルフメイクレッスン

中西さんはメイクアップアーティストとしてのキャリアが長い事はもちろん、
私自身が彼女のプロ意識の高さに惚れ、パーソナルカラーを取り入れた独自の技法、
理論がとてもわかりやすく明確なため、是非弊社でレッスンを!とお願いしました。


また、メイクを学びたい人、パーソナルカラーリストとしてもっとスキルアップしたい方
のために「カラーリスト・マスターメイク講座」もスタート。

e0087158_1971063.jpg


完全マンツーマンのレッスン、おひとりおひとり面談した上でカリキュラムもオリジナルで
組みますので、短期で習得したい方、仕事が忙しくてスクールに通えない方にお勧めします。

カリキュラムの一例を是非ご覧になって下さい。
内容の濃さ、充実度がお分かりいただけると思います。

友人に似合うもの、憧れの女優さんが似合うものが、
あなたに似合うとは限りません。

人の数だけ美しさはあります。
自然に、個性を活かすようなメイク、色を是非体験して下さい。

詳しくはカラーコンシャス カリテスのページをどうぞ。


人気blogランキングへ
[PR]

by mio_honma | 2006-10-11 19:08 | color : work

10月:ネイルセミナー

●カリテス・ネイルレッスン01

秋冬の流行色&ラインストーンを使ったネイルレッスン

e0087158_1929784.jpg


この度、カリテスでは自分で気軽に楽しめる、
ネイルレッスンをスタートする事となりました。

e0087158_19293286.jpg


ネイルサロンに通う時間のない忙しいあなたに!
自分でオリジナルのネイルを楽しみたい方に!
簡単でゴージャス、楽しくて応用の効く、
ネイルレッスンをスタートいたします。

e0087158_1930835.jpg


ネイルレッスンと言ってもカリテスが主催するものですので、
もちろんその方に似合う色、手指がより美しく見える色をチェック
し、 流行色を取り入れた「カラーにこだわる」レッスンです。

e0087158_19303364.jpg


記念すべきネイルレッスン第一弾は
「秋冬の流行色&ラインストーンを使ったネイルレッスン」!

お手入れの仕方から似合う色、流行色まで、
盛りだくさんの内容です。
様々なデザインの中からお好みのもの、
あなたに似合うものをご自分で選べて、
ご自分で楽しめるネイルレッスンです。

定員が10名様に限られておりますので、
お早めにご予約下さいませ。

当日はなるべくネイルを塗らずにお越し下さい。
みなさまのご参加お待ちしています!

【場 所】  カラーコンシャスカリテス
    (大阪府大阪市西区京町堀1-11-7 京旺ビル2F)
     ※弊社HPに地図も記載しております。


●参加ご希望の方は弊社ホームページのcontactより
メールいただくか、
 06-6225-1528までお電話でお申し込み下さい。
 (お申し込みは、前日まで受け付けております。)
 
【講師】 ネイリスト 星亜積 & 山下香

【費用】 お一人様 3,500yen
(材料費込:エメリーボード、バッファ、
 オレンジスティック、ネイルカラー、ラインストーン)

【時間】 19:00〜21:00

カラーコンシャスカリテス

人気blogランキングへ
[PR]

by mio_honma | 2006-10-04 16:12 | color : work