<   2007年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

メンズパーソナルカラー

先週末のSalon de Charites、テーマはメンズパーソナルカラー

最近、男性でパーソナルカラー診断を受ける方もずいぶん増えました。
近年の雑誌ブームがきっかけか、男性ファッションにも注目が集まって、
デパートの紳士服の売り上げも軒並み伸びているようですね。

参加下さったカラーリストさんは、男性を診断したことがないという方が
ほとんどでしたが、「今後男性も是非診断したい!」という声が多く上がっていました。

女性と違って素顔で過ごされる男性、もしかしたら女性以上に
似合う色を身につけることは大切かも知れません。

女性はメイクやヘアスタイルで自分が「変わる」ことを日々体験していますが、
男性は自分の印象が変化することに慣れていない方がほとんどです。

実際診断を受けられる方は、最初は鏡と向かい合うシチュエーションに
戸惑いながら、自分の顔色が服の色によってどんどん変化することを
皆さん、驚きながら楽しんで下さいます。
そして診断後、今までとは別人のように似合う色を着こなす方が多いです。

スーツの色を楽しむことはなかなか難しいですが、
ネクタイ、シャツの色を変えるだけで顔色、印象が変化することを
たくさんの男性に感じていただけたらと思います。

またアフター5に差し色のポケットチーフやアスコットタイで
色を楽しんでいただきたいです。女性はこういうところにきゅん、としますよね。

OFFのスタイルも、何も高いブランドのものを身につけなくても
似合う色のシンプルなアイテムでオシャレで個性的に着こなせることを
知っていただきたいと思います。

ステキな男性が増えることは女性にとってとても嬉しいことですから!

人気blogランキングへ
[PR]

by mio_honma | 2007-05-30 21:52 | color : work

冷たく感じる色


次の24色の中で一番冷たく感じる色はどれですか?

e0087158_14355762.jpg


わたしは19のやや紫がかった青を一番冷たく感じます。
一般的にも18か19かなと思っていました。

最近教えている専門学校の生徒に聞いてみると15、16あたりの
やや緑がかった青が冷たく感じるという生徒が多い。

以前に本か何かで読んだのだが、欧米人も15、16あたりの色を
もっとも冷たく感じるらしい。

日本人の色彩感覚も欧米化が進んでいるのかな?


授業で春夏秋冬を9色のカラーカードを使って配色してみる。

e0087158_14545322.jpg


春はほとんどの生徒が「暖色」「濁りの無い色」

夏は暖色を主に使うケースと寒色を主に使うケース、
個人差があるが「鮮やかな色」「濁りの無い色」

秋は「主に暖色」「濁りのある色」

冬は「寒色」「濃い色と薄い色のコントラスト」

もちろん使う色に個性はあるのだが、
色に好き嫌いはあっても、色に関する感じ方にはどこか共通点がある。

ただ、沖縄出身の生徒の「冬」の配色はみんなとは違っていた。
春でも夏でも秋でもないイメージだが、寒い感じがしない「冬」の配色。

色の感覚の個人差って面白いな、と思う。

教える立場の仕事だが、こちらが教えられることも多く、
こうして「今」を知れることはとてもありがたい。

本や人から得た知識も大切だと思うが、
こうして多くの人に触れることで感じたことを
また人に伝えていきたいと思う。

人気blogランキングへ
[PR]

by mio_honma | 2007-05-17 14:58 | color : life