タグ:パーソナルカラー ( 153 ) タグの人気記事

パーソナルカラーのドレープ

パーソナルカラー診断を行う際、私たちが使う商売道具「ドレープ」。
生徒さん用に頼んでいた物が、届いた。
e0087158_21494628.jpg

私が使っているものと同じ物だけど、新品は糊がきいてパリパリ。
なんか見ているだけで、気持ちがしゃきっとします。

まずマイドレープが届いたらする事と言えば、色を覚えること。

テストカラーをピックアップして、使いやすい順番にセットし直す。
後は、ひたすら色を組み合わせたりして、コーディネートしてみながら
色を覚える。

そしてドレーピング(ドレープの扱い方)のレッスン。

生徒さんに何度もお話しするのですがドレープを大切に扱いましょうね。

ドレープは単にスカーフのような布ですが、ファッションのアドバイスをする際、
ディオールのドレスになったり、高級な着物になったり、ウエディングドレスにも
変身するもの。

カラーリストが雑に扱うことで、お客様にも「ただの布」に見えてしまいます。

ブライダルのイベントなどでご結婚されるおふたりをカラー診断させていただく。

こんなドレスに、髪にこの色のお花を挿して、ブーケはこのお花とこのお花を
組み合わせて、彼はこの色のタキシードにネクタイがこの色で、チーフをこの色で…。

ドレープを肩に掛けたり、両手に持ったり…。
ハタから見たらもしかして滑稽かも知れません。

でも、鏡の中でうっとりされているおふたりを見て
「なんてすてきなの!そしてわたしはなんてすてきな仕事を選んだの!」
心の中で叫ぶのでした。
[PR]

by mio_honma | 2005-10-07 21:52 | color : work

パーソナルカラー検定

昨年からスタートした「色彩技能・パーソナルカラー検定」
(日本パーソナルカラー協会)。
私も昨年受験し、実践的でいい資格だと思いました。

今年は新たに日本パーソナルカラリスト協会というものが設立され、
同じく「パーソナルカラー検定」が12月に実施されます。

この日本パーソナルカラリスト協会、ホームページなど美しくデザインされて
いるのですが、どのような方が運営されているのかが公開されていません。
どのような資格かと、資料を取り寄せましたが、CUSという独自の表色系に
基づいた理論のようです。
受験しようと思っていましたが、資料を見て少し躊躇しています。

パーソナルカラーが注目されていることは大変嬉しいことですが、
学ぶ人達が資格を取得する際、紛らわしいのは良くないことですね。
[PR]

by mio_honma | 2005-10-03 11:28 | color : work

私の目指すパーソナルカラー

パーソナルカラー、いわゆるその人に似合う色。

エンドユーザー向けのサービスとして実施している以外に、
パーソナルカラーリストを目指す人、企業研修やタレントを目指す人にも
お教えしている。

昨日はマンツーマンでお教えしているSさんのレッスン。
カラーリストになるために読んでおいたらいい本、
普段の家での勉強の仕方、カラーリストの心構えなどなど、
質問されているうちに、何故か熱く語っていたわたし。

「お客様に押しつけたり、決めつけるのが私たちのお仕事じゃないと思うの!
お客様が自分で似合う色を選べたり、イメージ通りのファッションを自分で
コーディネートできるように導いてあげるのが私たちのお仕事です!」

「何歳だからこの雑誌を読んで、このブランドを着るなんてナンセンス!
20代OLだからCLASSYのモデルを目指すとか、30代の主婦だから設楽りさ子を
目指すなんて誰が決めたの?!Sさん、海外の雑誌を読んで志を高く持って下さい!」

言った後でSさんと顔を見合わせて大笑い。何、熱くなってるんでしょ、アタシー。

でもこれ真剣に思っていることです。
パーソナルカラーには色んな考え方、やり方があるので一概には言えませんが、
客観性と同じくらいに、その方のオシャレ心やチャレンジ精神に「火」をつけて
あげるのが大切だと思います。

うちのお客様も非常に謙虚で受け身で「似合う色さえわかればイイです…。」
みたいな方もいらっしゃいます。
そんな方こそ、いっぱいイロイロ引き出してあげて、本当に見られたい、なりたい
自分を再確認してもらいたいと思っています。

お客様にはリラックスして、人には恥ずかしくて言えない、
ホントになりたい自分のイメージをお話しして欲しいのです。

かけ離れたイメージの自分に変えるには、相当のご本人の努力が必要ですが、
本気でイメージチェンジをしたいのであれば方法は沢山あります。
そしてそのためには「色」は非常に重要です。

なんかまた熱くなってしまいましたが、お客様に満足できるコンサルティングを
しなければ、いつまで経ってもこういう仕事は日本に根付かず、単なるブームに
終わってしまうと思うのです。
[PR]

by mio_honma | 2005-09-30 20:23 | color : work