スターフライヤー搭乗しました


以前にここでも書かせていただいたスターフライヤー関空〜羽田就航。

先日の出張で早速利用してきました。

関空までのアクセスは面倒ですが、
黒をメインとしたカラーリングを体験したかったのと、
就航記念特別プライスが魅力的だったので。

まず、チェックインカウンター。
重厚感のある黒という印象は受けませんでした。
展示会のブースやテレビのセット的なチープさを感じます。

e0087158_11542335.jpg


もちろん、ここも黒と白のみ。他の色は一切使われていません。
せめて搭乗する人のファッションにもう少し色があれば…。

e0087158_11555776.jpg


このおふたりは、よほど黒が好きなのでしょう。

e0087158_1157664.jpg


機体ももちろん真っ黒け。
夏は相当暑いと思います。

機内です。

e0087158_1251811.jpg


座席は前後を通常より12〜15センチも広く取り、
ゆったりとしたスペースを確保したとのことですが、
「黒」の持つ「圧迫感」からか広さは感じませんでした。

シートも革張りというのがウリですが、特に座り心地がいいとは感じませんでした。
ヘッド部分にアテ布がないので、少し不潔に思う女性がいるかもしれないですね。
ただ、AC電源がついており、携帯、パソコンの充電が出来るのはうれしいところ。


インテリアの全体イメージ、私の印象は「固く」て「陰気」な感じ。
せめて客室乗務員のユニフォームにだけでも
アクセントカラーを入れたくなりました。

機内には機内誌も新聞もなく、なんとなく手持ち無沙汰。
機内ビデオのチャンネルはなかなか充実していましたが
ディスカバリーチャンネルの内容が面白いところで着陸準備に入り、
仕方ないとは言え、最後まで見れなかったのが少し残念。

でもドリンクサービスのミネストローネはおいしかったです!



帰りは羽田21:45発の便を予約していましたが、
他社の機体到着が遅れた関係で関空に着いたのが23:35。

関空から家までタクシーで送り届けてもらって、なんだかとっても得した気分。
航空運賃より、タクシー代の方がはるかに高いし!
思わぬトラブルに対応されているスタッフの誘導はきびきびされていて好印象。
ありがとうございました。

あ〜今の価格がずっと続いてくれたら良いのに!
[PR]

by mio_honma | 2007-09-29 12:25 | color : style

<< こんな時代だからこそ…       カラーヒーリング:色彩セラピー... >>